ヒートショックにご用心!入浴時の温度差と目安を知って血圧コントロール

ヒートショック,温度差,目安
Pocket

ヒートショックを防ぐための対策は大なり小なり、どこの家庭でもされているかと思います。

ストレス解消効果だけでなく、様々な効果がある「入浴」ですが、ちょっとした温度変化から思いもよらない事故にもつながります。

ヒートショックが起こりやすいのは何も浴室と脱衣室の温度差に限ったことではありません。

特に気をつけたいのは、入浴後低血圧なんです。

えっ、高血圧じゃないの?と思われた人も少なくないと思います、

脱衣室で一旦上がった血圧も、血管が温められて拡張し、血圧が低くなります。

しかし、湯船から出て立ち上がるときに急激な血圧の低下が起こり、「起立性低血圧」が起こりやすい状態になるのです。

そんな、入浴時に気をつけたい温度差の目安と血圧の変化などについて詳しく調べてみました。

Sponsored Link

気を付けたいヒートショックと温度差の目安は何度?

ヒートショックとは、急激な温度変化により引き起こされる症状ですが、血圧が急に上がったり、脈拍が早くなったりします。

特に気をつけなければいけないのが冬場の入浴時の温度差や入浴の仕方です。

リビングやダイニングでは暖房をしていますが、廊下やトイレなどは当然のことながら室温が低くなります。

ましてや、風呂場では衣服を脱いで無防備になりますからね。

最近は高気密高断熱の家も増えてきてはいますが、昔ながらの住宅だとやはり注意が必要です。

以前、NHKで放送されていた番組でヒートショックと入浴事故についての資料がありました。

脱衣所と浴室の室温10℃、お湯の温度41℃の条件で血圧の変化を調べたところ、脱衣所で裸になると収縮期血圧は約100mmHgから115mmHgに上がり、その後も上がり続けました。

そして、お湯につかった直後に約140mmHgと最も高くなりました。

その後、血管が温められて拡張することや、お湯の中では心臓の収縮・拡張が制限されることなどから、血圧は急激に低下します。

浴室から出るために立ち上がると血圧はさらに下がり、お湯から出ると急激に上がります。

こうした、入浴時の温度変化などに伴う急激な血圧の変化が、脳や心臓に異常を起こし、事故につながります。

熱い風呂につかってヒートショック状態になると、血栓もできやすいと言われます。

そんな循環器系のトラブルを防ぐための最低室温は17℃とされています。

温度差だけでなく、お風呂の入り方、出方にも注意が必要ということですよね。

暖房室と非暖房室の温度差は5℃以内、廊下とトイレの温度差は3℃以内』であることを国土交通省も推奨しています。

我が家のような築50年の木造家屋では、なかなか難しいものがあります(汗)。

Sponsored Link

入浴時のヒートショックと血圧変化を抑える方法

入浴による事故を防ぐには、入浴前とお湯につかった直後の血圧の急上昇、入浴中の急下降の防止が重要になてきます。

そこでヒートショックを予防するポイントです。

□脱衣室を暖房で暖めておく

これは、高齢者がいらっしゃる家庭では行われていると思います。
裸になっても寒くないように温度設定しておきます。

□脱衣室と浴室の温度差をなくしておく

色んなお湯の張り方の風呂があるかと思いますが、入浴の5~10分程前には浴槽のフタを開けておきます。

それでも温度差を感じるようであれば、シャワーを出しておきます。

□お湯の温度は低めに設定する

お風呂のお湯の温度設定ですが、38℃~40℃程度のぬるめにします。

□夕食前、もしくは食後1時間以上空けてから入浴する

夕食前に入浴することで、比較的まだ体の生理機能が疲れていない状態でお風呂に入れます。加えて、食事をすることで血圧が下がりやすくなるため、食事をとる前に入浴するのがヒートショック対策には効果的です。

食後に入浴する場合ですが、消化器官に血液が集まっている状態ですから、血圧が少し下がり気味なので注意が必要です。

できれば1時間は空けたいものです。

□高齢者には一番風呂をすすめない

何も高齢者に限ったことではないですが、浴室内が温まっているときに入浴することで様々なリスクも軽減できます。

□かけ湯をしてから湯船に入る

お湯に入る前には、かけ湯をしてから入りましょう。
いきなりお湯に入るよりも、手足など心臓から遠い部分から順に5回程度かけ湯をしてから入ると、血圧の変化が緩やかになり、心臓の負担も少なくなります。

□いきなり全身を湯船につからない

お湯の温度ですが、体温に近いほど血圧の変化は小さくなります。

前半は半身浴で湯船につかり、体が慣れてきたら少し熱いお湯を足すのも体への負担は少なくて済みます。

□湯船から急に立ち上がらない

浴槽から出るときに急に立ち上がると、血圧が急激に下がり、立ちくらみを起こして危険です。

Sponsored Link

ヒートショックに注意するのはこんな人

過去の事故例からみても、ヒートショックは体の弱い高齢者に最も多く見られる症状です。

普段から気をつけてはいらっしゃると思いますが、健康に自信があるからといって過信は禁物です。

とりわけ高齢者は熱目のお湯が好きな傾向にありますからね。

脱衣室と浴室の温度差をなくすことはもちろん、家族も気を遣いたいところです。

他にも、持病のある方は注意が必要です。

糖尿病や高血圧等の成人病の持病がある人コレステロール値が高くメタボリック症候群あるいはその予備軍の人なども、急激な血圧の変化でヒートショックになってしまう危険が健康体の人より高い傾向にあるようです。

中高年の男性はこれらに該当する人も多いですし、人によっては晩酌の後にお風呂に入ってしまうことも珍しくありません。

そうなると、余計にヒートショックのリスクが上がってしまい危険です。

また、高温のお湯に入浴すると血栓が形成されやすく、リスクが増大する危険性も高くなると言われています。

その影響は入浴後6時間ほど持続することもあると言いますから、コレステロール値が高くメタボリック症候群の人は、入浴後の体調にも注意が必要です。

あとがき

メタボな人間は何をするにもリスクが高い?

疲れが溜まったと感じたときには、ぬるめのお風呂に30分ほど浸かって読書をすることもある私ですが、冬場は気をつけないといけないですね。

一人暮らしでもあるので、仕事が終わって帰宅しても人気のない冬場は家中が寒くて体には堪えます。

帰宅が遅い日には、食事を先にするか、お風呂を先にするか、悩ましいところでもあります。

少なくとも、お酒を飲んでからの入浴はしなくなりましたけどね。

冬場に帰宅すると真っ先にするのが、書斎と台所、脱衣室兼洗面所の暖房をつけ、ボイラーのスイッチを入れてから犬のエサやりをし、郵便物を確認する。

それから、ようやく晩御飯の準備をやんわりと進めます。

思えば、私が物心ついた時のかすかな記憶では、家の屋根は茅葺きであったばかりでなく、トイレは玄関の土間続き、風呂場も五右衛門風呂だったので、渡り廊下を介して外同然のところにありました。

田舎だから、ということもあるでしょうけど、高度成長期あたりまでは台所に暖房機器がある家は少なかったようです。

時代ですよね。

私が結婚した昭和の末までは、我が家も台所にストーブなるものはありませんでした。

今では考えられないですよね。

そんなことを思い出しつつ、血圧はまあまあ、正常値の範囲内ですが、メタボでコレステロール値が200を超える私は入浴にもゆとりを持たなければ、と再認識した調べものでもありました。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です