カラダファクトリーの施術は男性にもおすすめ!その理由と体験をレポート

カラダファクトリー,岐阜ロフト
Pocket

体の硬さは天下一品!自慢できるほど?の私ですが、先日、ストレッチをサボったりしていたのがいけなかったのか、数年ぶりにぎっくり腰に!

知人から、「カラダファクトリーは良いですよ。」と評判を聞いていたのを思い出し、数日して痛みがおさまってから、ついに行ってきました。

カラダファクトリーのサイトを見ると、“整体で、カラダ美人になろう!”とか、“美しい人は、バランスがいい。”というキャッチコピーが並んでいるので、女性専門の整体なの?と思われるか人もいるようですが、そんなことはありませんでしたよ。

実際に施術を受けてみて、男性ビジネスマンにこそ行って欲しい整体だな、と身をもって実感しました。

今回は、そんなカラダファクトリーについてレポートしてみたいと思います。

カラダファクトリーの施術を実際に体験してみた感想

東京に住んでいる知人からは勧められていたんですが、私の住んでいる北陸には残念ながらカラダファクトリーが無いんですよね。

たまたま、名古屋に住んでいる従弟を訪ねる機会があり、思い切って途中下車し、「岐阜ロフト店」に行ってきました。

1.ネットで予約

まずは、前日にネットで予約を。

思い立ったのが遅い時間だったので、まずはサイトから店舗検索してみたんですが、名古屋駅に近い店舗は既にすべての時間帯で「お電話にてお問い合わせください。」という、電話のマークが。

そこで、電車だと20分手前の岐阜ロフト店だったら午後から空きが。

JRの岐阜駅から歩いても3分ほどのところ。

迷わず、「整体・骨盤調整(A.P.バランスR)の60分コース」を予約。

その日のうちに確認のメールも届きましたので、予約が確実にできていることを確認できましたから、待つこともなく、安心して出向けます。

いよいよ当日。

事前に「15分ほど前に来店してください。」という案内があったので、真面目に15分前に店舗に到着。

まさしく、名鉄岐阜駅の中と言っても過言ではないロフトの中にあったのでちょっと面喰いましたが、店舗とスタッフが美人だったので一安心?

2.受付&着替え

受付で「お客様シート(問診票)」を記入すると、早速、着替えルームに案内されました。

事前に服のサイズを申告する欄はありましたが、着替えルームには全サイズが取り揃えられていたので、ワンサイズアップしてゆったりサイズに着替え。

3.カウンセリング&チェック

着替えると、個室へ案内され、いよいよカウンセリングがてら、うつ伏せの状態で背中を触診されたり、ボディーチェック開始です。

職種を聞かれたり、「右と左、どちらをよく使われますか?」などなど、改めて不調個所などを聞かれ、両足の長さの違いや、肩や腰の高さ、各部位のバランスを丁寧に検査されました。

次は台に座って腕を上げたりしながら、人体図が書かれたシートに、スタッフが描き込みをしながら、今の体の状態を丁寧に説明して下さいました。

そして、身体が硬いことは自覚していましたが、

「左右のバランスが歪んでS字のようになっていますね。」

「猫背気味になっていますね。」

という文言にちょっとショックを受けつつ、今日の施術の流れを説明され、施術開始です。

4.頚椎の調整

まずは、仰向けの状態で首と言うか、頚椎や頭の調整です。

正直、最初はすごく痛くて、少し力加減を緩めてもらいました。

しかし、だんだんと痛みも軽減されていくのが解ります。

5.腰椎や骨盤の調整

頚椎の調整が終わると、腰椎の調整です。

横向きになり、足を組むような状態から動きをつけていくんですが、ゆっくりと力を加えながら、痛くないところまで、さらに動きを大きくしていきます。

可動域を確認しながら動かされるので、痛みはほとんどありませんでした。

6.事後確認と説明

一通り施術が終わると、台に横向きに座り、腕を上げたり、施術後の状態を確認されました。

腕を上げると、可動域が大きくなっているのが良くわかります。

腰というか、お尻のあたりの重かった感覚もスッキリと無くなっていましたので、すごく体も軽くなった感じがします。

カラダファクトリーを男性にもおすすめする理由とは

私は介護福祉士という職業柄、体はよく動かします。

しかし、よく体を動かすのと、体が硬いのは別物のようです。

特に腰痛と言うか、ぎっくり腰には気を付けているんですが、過去にぎっくり腰になった時の傾向を思い起こしてみると、大体は疲れが溜まっていたり、普段以上にストレスが溜まって体が硬くなっている時のようです。

自分自身でストレスが溜まる、という言い方をするのも変だとは思うんですが、ぎっくり腰になるときは、腰だけでなく、体全体の筋肉の緊張が高まっているときのようです。

若い頃から事務職でデスクワークがほとんどという職種から介護職への転向ですが、万年肩こりや腰痛など、体が硬い体質は今でも引きずっているようです。

どうしても我慢できなくなって腕が上がらなくなった時などは、行きつけの接骨院に行くんですが、その時は症状が和らぐんですが、数日すると戻ることがほとんど。

「あっちも痛いし、こっちも痛い。」

と接骨院で言うと、院長が「うちはマッサージ屋じゃないから。」と笑ながら受け答えするのが常。

なので、腰が痛いと言って接骨院に行っても、筋肉の緊張をほぐしてくれるのは肩甲骨のあたりが中心だったりします。

私の場合、かかりつけの接骨院が緊急避難先みたいなものですが、体ファクトリーで実際に整体を受けてみて、地元にあったら絶対に定期的にバランス調整をしに行くのに、と残念でなりません。

運よく、腕の良い、というか自分のカラダに合った整体やカイロプラクティックがあれば良いですが、長い人生、巡り合えていません。

そういう意味では、カラダファクトリーは「かかりつけ医」ならぬ、「かかりつけ整体」になるににな、と。

腰痛の場合だと、その痛みの原因はストレスやたばこ、加齢、内臓疾患からの関連通、歯並びの悪さ、などなど、多岐に渡るとも言われます。

その点、カラダファクトリーで行っている整体は、「根本ケア」という考え方を基にされています。

肩こりや腰痛といった身体の表面に出ている辛さや痛みは、身体の歪みや体内バランスの崩れにより表れているいる症状であり、 そのバランスの崩れを解消しないと表面に出ている痛みや辛さは改善されない、という考え方に基づいています。

方や、よく街中やスーパー銭湯にあるマッサージルームは、身体の揉みほぐしをメインにして癒しやリラックスを提供してくれる所です。

つまり、一時的には体の血行がよくなって気持ちよくはなりますが、 根本の部分が改善がされているわけではないので、また同じような症状が出てしまいます。

そういう意味でも、一時しのぎでマッサージを利用するのであれば、カラダファクトリーが近くにある方は、実際に体験してみることを強くお勧めします。

なんだか、女性専用のサロンのようなイメージもありますが、男性のお客さんも3割ほどいらっしゃるそうですよ。

私が行った岐阜ロフト店には、男性のスタッフもいらっしゃいましたよ。

私がお世話になったのは、20代後半と思しき美人スタッフでしたけどね。

あとがき

返す返すも、地元にカラダファクトリーが無いのは残念です。

事前にネットの口コミや評判も探して見ましたが、勧誘が強いとか、次回予約を強引にさせられるとか、料金が高いという書き込みもありました。

私が県外の人間だったということもあったでしょうが、名古屋には良く行くという話はしていたんですが、強く勧められることもありませんでした。

また、料金についてですが、今回は初回割引があったので、初検費を含めて4,040円

つまり、初回であれば半額以下なんです。

私のような平日に休みが取れる職種であれば、平日13時~17時は税込みで、なんと3,500円ですからね。

そういう意味では、スーパー銭湯などに入っているマッサージルームに比べれば、技術的なことを加味すれば、むしろお得!

何ら遜色無いかと思います。

お得な回数券もありますしね。

他にも、毎月10日はポイント2倍dayです。

ということで、年末か年始には、また、名古屋へ遊びに行きますから、今度は名古屋店に行ってみようかな、と画策中です!

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です