やる気がでない!?疲れた時にはパワースポットでひとり時間を


何かと気ぜわしい現代社会。

あなたは一人でいる時間を意識して作っていますか。

仕事や家事に追われ、週末になると体は疲労困憊。

せっかくの休日なのに精神的にもぐったりして、何も手につかない時ってありますよね。

そんな時には、思い切ってパソコンもスマホもテレビも見ない、本も新聞も読まない時間を意図的に作ってみては。

そして、同じボーっとするのであれば、家でゴロゴロしているより、近所にある「癒やしスポット」や「パワースポット」と言われているところへ出かけて見ませんか。

あなたの近所にもあるパワースポット

いきなり家の近くにパワースポットはありますか?と聞かれても、直ぐには思い当たらないかもしれません。

世界ではオーストラリアのアボリジニの聖地「エアーズロック」やアメリカの「シャスタ山」、ペルーの「マチュピチュ」などは良く耳にします。

日本でも最近、「ゼロ磁場」で有名になった長野県の分杭峠が癒しスポットで町おこしをしているのが記憶に新しいかと思います。

神社やお寺だったら「伊勢神宮」や「出雲大社」、京都の「鞍馬寺」、都心でも「明治神宮」などが有名です。

そういう意味では、世界遺産や国定公園になっているようなところは殆どが癒しスポットだと言えそうですし、知らないだけで探すと意外と身近にもあるものです。

そんな所には「休み」も「お金」もないし、行けるわけないよ、という声も聞こえそうです。

私も残念ながら、海外はおろか、日本の癒しスポットと呼ばれる所でさえ数えるほどしか行ったことがありません。

しかし、人によって感じ方こそ違うと思いますが、そこへ行くと気分が良くなったり、清々しく感じる相性の良い場所があるものです。

そういう場所を昔から人々が信仰の対象とし、霊験あらたか、とも言われる所以かと思います。

特に日本人は目には見えないけれど、古代から自然を崇め、信仰する土壌があったことも大きいと思います。

「パワースポット=神社」というイメージを持たれている方も多いかと思いますが、一番身近なのは確かに「氏神様」だったり、「産土神」ともいうべき存在かもしれません。

自分が住んでいる地域の神社であったり、生まれ育った場所にある神社と捉えて良いと思いますが、一番身近なパワースポットとも言えます。

人によっては癒しのスポットが「温泉」という方もいらっしゃれば、「神社」、「公園」、「山」、「海」とそれぞれにあるかと思います。

中には「居酒屋」だったり、「カフェ」という方もいるかもしれませんが、「畑」だったり、「ベランダのプランター」という方もいるかもしれません。

土に触れると癒やされるということもあるかと思いますが、私の知人に変わった人?がいて、田んぼで草取りなんかをしていると心が落ち着いて好きだという人もいます。

そういう意味では、何でもありですかね。

近所には全く無いよ、という方でも、そこへ行くと何となく落ち着くとか、ホッとする、と感じる場所があれば、そこがどこであろうと、その人自身の癒しのスポットだと言えるのではないでしょうか。

いわゆる「気」が出ているとか、「波動が高い」とかを気にすることはありません。

お部屋で「アロマオイル」や「お線香」を焚いて気持が落ち着けば、そこが自分だけの癒しスポットです。

何も思いつかないという方は、旅行会社なんかでもパワースポットを巡るツアーを企画していますから、ちょっと検索してみるのも良いかもしれませんね。

近くで行けそうな所があったら訪ねるのも良いかも知れません。

私は自宅から車で30分ほどかけたところにある檜の参道がある「立目寺」や日本の名水100選にも選ばれている「穴谷の霊場」などが夏でも涼しくて好きです。

もう少し足を伸ばせば、神社だと1時間ちょっとで「白山比咩神社」もありますから、初詣も含めて年に数度は訪ねます。

東京に住んでいた頃は、「高尾山」に登るのも四季折々で好きでしたね。

そんな所へは年に数回足を運び、定点観測のように自分自身を見つめるのも良いかもしれません。

パワースポット,神社,癒やし

ひとり時間を作ってストレス解消!心地よい時間の作り方とは

今の社会では「ひとり時間」を作るのは意外と難しいかもしれませんね。

会社でも家で一人になることは少ないですし、電車の移動中や食事中でも、何かに追い立てられるようにスマホでニュースやSNSをチェック。

そう言えば先日、スーパー銭湯に行ったら湯船の中でスマホを操作している若者がいました。

阿藤快さんじゃないですけど、「なんだかな~」という感じでしょうか。

それじゃあ、せっかくお金を払っていてもストレス解消にもならないだろうな、と。

それくらいに頭を休める暇がないのも現実ということですね。

それが家族がいれば尚更のこと。

風呂に入っても子供がいたり、寝室に行っても旦那さんや奥さんがいます。

せいぜい一人になるのはトイレくらいかもしれませんね。

ストレス解消には意外と何もしないで「ボーッとする」というのも効果的です。

わざわざスーパー銭湯に出かけたり、風呂にアロマオイルをたらしたりしてお金をかけなくても「ボーッとする」ことはできます。

ただ、先程も触れたようにちょっと工夫が必要なのも事実です。

観たい人気ドラマを我慢するのは、それはそれでストレスだという方もいるでしょうけど、一足先に寝室へ行って一人になったり、可能な人は家の中に自分だけのスペースを持つのも一つかもしれません。

ポイントは、何もしないでボーっとすることです。

やる気の出ないときや、アイデアに行き詰った時なんかも、一人でボーっとしている時に返って「ひらめき」があったりします。

昔からアイデアがひらめきやすい場所に「三上(さんじょう)」という言葉があります。

・馬上(ばじょう)
・枕上(ちんじょう)
・厠上(しじょう)の3つです。

要は身体が脱力しているときということでしょうか。

そういう状況では頭の中で情報が整理され、脳内で“処理できない情報が減り、新しい情報をインプットする準備が整い、やる気もアップすると言われます。

ボーっとすることで身体を休めるだけでなく、心というか、頭もリフレッシュされるんですから、いい事ずくめです。

Sponsored Link

日本国内のお勧めパワースポット

ちなみに、探せばキリがないでしょうが、日本の主だったパワースポットをご紹介します。

どこも一度は訪ねて見たいところです。

【北海道】
・アイヌの聖地「二風谷」
・忍路環状列石とフゴッペ洞窟
・十勝岳
【青森県】
・岩木山
【秋田県】
・黒又山と大湯環状列石
【栃木県】
・日光東照宮
【東京都】
・皇居
・明治神宮
【山梨県】
・富士山
【長野県】
・戸隠神社
・上高地
・分杭峠
【京都府】
・鞍馬寺
【奈良県】
・天河大弁才天社
【三重県】
・伊勢神宮
・元伊勢
・熊野地方と花の窟神社
【島根県】
・出雲大社
【愛媛県】
・石鎚山
【高知県】
・唐人駄馬
【大分県】
・宇佐神宮
【熊本県】
・阿蘇山
【沖縄県】
・本島北部-辺戸岬の「安須森の御嶽」
・本島北部-今帰仁村の「クボーの御嶽」
・首里城近く-「首里森の御嶽」と「真玉森の御嶽」
・久高島-「フボーの轡獄」
・本島南部玉城グスク内-「天つぎあまつぎの御嶽」
・本島南部・斎場御嶽近く-「藪薩の御嶽」
・本島南部・知念村-斎場御嶽

まとめ

ストレスの解消ややる気がでない時には一人になる「ひとり時間」を作りましょうという話をしてきましたが、学説的にはどうか判りませんが、自分なりの考え方を紹介してみました。

電通の残業時間に当局のメスが入ったことをきっかけに、世の中の働き方も少しは変わってきそうですけど、裏を返せば「ますます生産性や効率のアップ」を求められる時代になるとも言えますよね。

しかし、「やる気」や「ストレス」をコントロールするのは難しいものです。

そんなのできたら、もっと出生してるし、企業家になって成功しているかもしれませんからね。

ある意味、ストレスとは上手く付き合ってマイペースで過ごすゆとりや、病気になる前に、自分ができる範囲で環境を変えてリフレッシュする方法を見つけたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です