おもちゃの収納と処分!子供部屋の収納は100均グッヅで整理整頓

おもちゃ,処分,収納
Pocket

春は何かと環境も変わる季節。

新入学や卒業だけでなく、新学期や新年度が始まる季節でもあります。

そんな時期には、増え続ける子供部屋の学用品やおもちゃの処分、整理整頓にうってつけの時期でもあります。

子ども部屋の片付けで悩んでいる親にとっても、子供にとっても整理整頓する習慣を身につける良い機会です。

そこで、子どもがやる気になって挫折しない収納のポイントなどを考えてみたいと思います。

子供部屋の収納は100均グッヅで「戻しやすい環境」を作る

「うちの子、片付けができなくて」と悩んでいる親は多いと思います。

お金を貯めるコツは使わないこと!(関係ないですけど。)
子供部屋を片付けるコツは散らかさないこと!

などとわかっていても、「そんなのできれば苦労しませんよ。」という声が聞こえてきそうです。

そこで、新入学や新学期を機会に、子供が思わず続けたくなく「片付けたくなる環境」を作ってあげることが大事です。

そこで、収納に活用したいのが「100均」や「ラベル」を上手に使ったモノの指定席を作ることです。

そのポイントは3つです。

①ラベリング
  置き場所を明確化して「使ったら戻す」を動機づけ
②戻しやすい環境
  不要なものは処分し、収納は子どもの背丈に合わせる
③グルーピンク
  モノを「グルーピング」して100均のケースに収納する

一度に全部片付けようと思うと、すごく大変ですし、子供も飽きてくると思いますので、まずは、不要なモノを処分することから始める毎日使うものから整理整頓するということからでも始めたいですね。

そうすれば、必要な収納アイテムを100均で揃えやすくなります。

おもちゃ,処分,収納

ポイント①ラベリングで使ったら指定席に戻す

よく保育園や学校では色々なモノの収納場所にラベルが貼ってあるのを目にします。

これは、先生が片付けを促すこともありますが、収納場所が決まっていて子供にでも判りやすいということがあると思います。

そこで収納場所にラベルを貼って使ったら「戻しやすくする」環境を整えましょう。

手始めに、
・鉛筆や消しゴム
・はさみ
・のり
・教科書
・ノート
・絵本
などなど、ごちゃごちゃしたものを整理して100均のグッズを利用して収納します。

入園・入学の名前付け!布にも貼れる名前シールで入学準備万全!

ポイント②余裕のある空間と子供の背丈に合わせた戻しやすい環境

ここで気をつけたいのは、収納する空間に余裕をもたせることです。

外食をすると、割り箸がぎっしり詰まっていて取り出せなくてイライラすることがありますよね。

それと一緒で、詰め込みすぎず、空間に余裕を持たせる工夫もしたいところです。

例えば本棚

本が隙間なく並べられているのは見た目に美しいですが、取り出しにくくなっている場合があります。

取り出しにくいということは、戻しにくいということにもつながります。

ブックエンドなどの仕切りを上手に使って背丈を合わせるなど、工夫をしたいですね。

そして、その上に本やモノを乗せないこともポイントです。

また、戻しやすい環境づくりには、子供の背丈に合わせて収納スペースを作ってあげることです。

当たり前のようですが、椅子を持ってこないと届かないような場所では、片付ける気力も失せるというものです。

ポイント③透明ケースを使って見える化でグルーピング

当たり前のことですが、モノを使いやすいようにグルーピングすることは収納する時の鉄則です。

例えば、「朝の準備グループ」です。

・靴下
・ハンカチ
・ポケットティッシュ
など、朝出かける時に必要な物はランドセルや通学カバンの横など、一箇所にまとめて収納します。

これには慌ただしい朝の時短効果もあります。

あとは、色鉛筆やマジックなどの「お絵かきグループ」や粘土や絵の具、折り紙などの「工作グループ」なども良いですね。

そして、一番場所をとる「おもちゃのグループ」。

賛否はあるでしょうけど、バスケットをいくつか用意して、一つ増えたら一つ処分する、くらいの感じでスペースを一定にして増やさない工夫も必要かと思います。

また、収納には大きなケースやバスケットを用意するのではなく、子供が持ち運べる大きさの半透明のケースを用意することも収納がうまくいくポイントです。

そうすれば押し入れなどに入れたモノでも何が入っているか判りやすいですし、取り出したり、戻しやすくなります。

掃除をする時にもひっぱり出しやすいので楽ですよね。

Sponsored Link

おもちゃの処分は子供の意見を聞いてから

子供部屋の収納や整理整頓を考える上では、おもちゃの処分は避けて通れないものです。

おもちゃをいつ、どうやって手放すか?

最近は夫婦共働きの「ダブルインカム」に加えて「6ポケット」とも言われる時代。

6ポケット(シックスポケット)とは、子どもひとりに対して、両親・両祖父母の合計6人の財布があることにより、子どもや孫に高額の商品や過剰なモノを買い与える現象が問題視されてもいます。

そんなモノが増える一方の子供部屋。

誕生日」や「クリスマス」ともなると、大変なことになってしまいます。

甘やかし体質はともかく、モノが増えたイベント時や新入学・新学期は「おもちゃを処分」するいい機会でもあります。

そこで、子どもの意思を聞くのは必須ですが、気をつけたいのは、

子どもに「要る?」とか、「捨ててもいい?

といきなり尋ねるのは好ましくありません。

ほとんどの子供は、おもちゃを手放すことに抵抗します。

その結果、単純に「要る?」と聞くと、「要る」という答えしか返ってきません。

そこで、おもちゃを処分したい場合は

最近、使ってないみたいだね。どうする?

などと、具体的に聞いて解決策を探る必要があります。

大人には「がらくた」にしか見えないモノでも、子どもにとっては宝物という場合も多いおもちゃ。

男の子だったら「乗り物のおもちゃ」、女の子だったら「ぬいぐるみ」や「人形」といった、同じようなものが増え続けていると思います。

子ども部屋の整理整頓が進んで収納スペースに空間ができたら、おもちゃや雑貨を「飾るスペース」を作ってあげることも成功の秘訣です。

学校で作った工作や友達からのプレゼントを自由に飾るコーナーを作ることによって、親が口を出さないというルールを作るのも良いですね。

子ども部屋ではなくても、リビングの一角でも良いので、子供が自由にる飾る場所があると、あちこち置かなくなりますし、部屋が散らからないで済みます。

まとめ

大人の収納や整理整頓と、子供部屋の収納や整理整頓の仕方のポイントは同じですよね。

収納は100均グッヅで整理整頓するというのは取り掛かりやすいですし、高価な収納家具を揃えなくてもお手軽・簡単にできます。

部屋にあるモノを全て引っ張り出して子供と一緒に「要るもの・要らないもの」を整理したり、「グルーピング」するのも良いですね。

ラベルなんかも、「テプラ」やかわいい「シール」などを使って子供に作ってもらうのも良いでしょう。

そして、一番肝心なのは、親も片付けができている、ということかもしれません。

子供に「勉強しなさい」と言うだけでなく、親も本を読む。

子供に「片付けなさい」と言うだけでなく、親も片付けを習慣化する。

我が家には小さな子どもが居ませんが、心がけていることが幾つかあります。

それは、

ダイニングもキッチンにもテーブルの上にはモノを置かない。

本棚などの家具の上には段ボール箱などを乗せない。
これは、防災にもつながります。

そして、床にモノを置かない。

最大のポイントは、グルーピングですかね。

調味料や食材があちこちに散らばっていたり、服や下着が複数の部屋にあるようなことはないようにしています。

何事もメリハリをつけることによって、在庫があるのに買い足してしまったりすることもないですし、節約にもつながります。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です