堀北真希は子供を守るため引退?山口百恵に憧れ家庭に専念!

堀北真希,引退,子供

何かと話題を呼んだ堀北真希さんと山本耕史さんの結婚

第一子も出産されて幸せな家庭生活を送られています。

それが、いきなりの引退発表

堀北真希さんが子育てに専念するため、芸能界を引退する旨の直筆メッセージが公開されました。

文面を見ると“お仕事から離れることを決意致しました。”と冒頭にあります。

引退』という文字はないですから、うがった味方をすると、一時休止?ともとれますよね。

堀北さんが山口百恵さんに憧れているという話は以前から話題になったいましたが、子供を守るため、その名前を一切公表しなかったという話も聞きます。

そんな堀北真希さんの子供や家庭を守るための決意なんかについて考えてみたいと思います。

堀北真希さん芸能界引退の真相とその決意とは

女優の堀北真希さんが所属事務所を通して発表した直筆メッセージは以下のとおりです。

【堀北真希さんコメント全文】

この度、これまでやってまいりました

お仕事から離れることを決意致しました。

現在私は母になり、

愛する家族と幸せな日々を送っています。

このあたたかで、かけがえのない幸せを

全力で守っていきたいと思います。

夫とも話し合い、私の気持ちを尊重してくれました。

これからも2人で力を合わせ、愛情いっぱいの家庭を築いていきたいと思います。

いつも応援してくださったファンの皆様、

お世話になりました関係者の皆様、

素晴らしい14年間を

本当にありがとうございました。

2017年2月28日

堀北真希

 

堀北真希,引退,子供

堀北真希さんと言えば、個人的には『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』の印象が強烈ですよね。

実質的には芸能界引退前最後の連続ドラマ主演作です。

堀北さんの芸能界引退に当たっては、色々な憶測も含めて飛び交っているようですけど、なんだか、人の奥さんだけど可愛いですし、潔くって応援したという想いが強いですかね。

堀北さんは、日頃から「山口百恵さんのようになりたい」と言っていましたから、引退のための伏線はいろいろあったようです。

引退の真相はともかく、最近騒がれている清水富美加さんのように、契約半ばで仕事を放り出したわけでもないですしね。

成宮寛貴さんや江角マキコさんのように疑惑を残すような形で辞めるわけでもありません。

色々ネットで見ていて面白かったのは、山本さんが恐妻家か?と思われるような一面があるのでは、といいこと。

意外なことに、夫である山本耕史さんは、堀北さんの引退には大賛成なんだとか。

山本さんは、意外にも嫉妬心が異常に強く、美しい妻がドラマなどのでイケメン俳優と共演することに対してかなり抵抗があるという見方もあるとか、ないとか。

他にも、山本耕史さんの母親は個人事務所社長ですから、いずれは「移籍」ならぬ、「再デビュー」もあるかもしれない、とか。

ただ、堀北さんの決意は硬いようで、「今後は子育てに徹して、もう2度と芸能界には戻らない覚悟です。」という意味のコメントもありました。

いずれにしても、夫婦の想いが一致しての芸能界引退ですから、その意志は尊重したいですし、子育てを応援したいですね。

Sponsored Link

堀北真希さん引退は子供を守るため?山口百恵への憧れと家庭づくり

堀北真希さんの性格と言えば、すごく真面目なタイプのようです。

嵐の櫻井翔と噂になったことはありますが、結婚前に熱愛報道は一切ありません。

そんな堀北さんは、以前から山口百恵さんに憧れているといいます。

現在、子供は生後3ヶ月ですが、夫婦は子供の名前を一切公表していませんし、種産後にはプライベートも追いかけないようにマスコミに向けてメッセージを発信しています。

子供を守るためには夫婦で協力して動かれているようです。

最近「母親力」という本を出版した森昌子さんも、芸能界を引退した後は、マスコミに追い回されて大変だったと言っていました。

出産を控えて病院で待ち伏せされたり、苦労したとのこと。

そういう意味では、一線を引いて子育てに専念するのは良いことかもしれませんね。

親子3人で居れば嫌でも目立つかもしれませんけど、少なくとも、メディアの追跡は少しは避けることができますからね。

まとめ

最近、スッキリしない形で芸能界を去る方が多い中、事務所との契約更新を機に引退される堀北さんは、やっぱり真面目なんでしょうね。

色んな憶測が飛び交うのは仕方のないことだと思いますが、子育てに専念して頑張って欲しいものです。

いずれは、子供と一緒に再デビュー!なんてこともあるかもしれませんし、森昌子さんのように「子育て本」を出版されるかも。

いずれにしても、夫である山本耕史さんは芸能界にいらっしゃる訳ですから、周囲からは何かと目立つかと思いますし、周囲の視線は避けられないと思います。

そういう意味では、妻の引退に同意している山本耕史さんは偉いな、とも。

陰ながら応援したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です