ゴミ屋敷や実家の片付けと掃除!費用と相場はいくら?

ゴミ屋敷,実家,片付け,掃除,業者,費用
Pocket

あなたの実家のゴミ屋敷レベルは?今すぐチェックしてみましょう!

お盆や正月に帰省すると実家「ゴミ屋敷」のようになっていてショックを受けて帰ってきた、という方もいらっしゃるかと思います。

考えたくはないですけど、親も歳をとります。

以前は普通に出来ていたことが、年齢と共にできなるということは珍しいことではありません。

それは、掃除に限らず炊事、洗濯もそうですけどね。

そこで、ゴミ屋敷と化した実家の片付けや掃除、また、業者に頼んだ場合の費用や相場について私の経験を含めてみて行きたいと思います。

私の経験ですけど、意外と親と同居していても一部はゴミ屋敷に近い状態になっているものです。

共有スペースは必要最低限片付けたり掃除はしますけど、親が使っている寝室などの占有スペースは棲み分けして口も手も出さない治外法権みたいになっているものですから。

よく、テレビをバラエティ番組なんかを観ていると「ゴミ屋敷を片付けよう!」みたいな企画をやっていますが、実際に足の踏み場もないような状態になっているのは希かと思います。

しかし、性格的なものもあるでしょうけど、戦前に生まれた世代はなかなか物を捨てられないんですよね。

私の母親もそうでしたが、世の中で言われる「断捨離」なんて何のその。

押し入れなんかは物を詰め込み過ぎて出し入れ出来ないような状態になっていました。

台所も割り箸を探そうと食器棚の引き出しを開けたらデパートの包装紙の果てまで取ってある始末でした。

Sponsored Link

 

素人でも片づけられるゴミ屋敷の状態と片づけ方とは?

片付けたい家や部屋の状況にもよるでしょうけど、素人が片付けられるのは目安として家の広さが3DKまでと言われます。

前提としては水回りが機能していて、なおかつ住人が何とか自活できているレベルまでだと言われています

足の踏み場があるようなレベル?のゴミ屋敷の状態のうちに、一刻も早く片付けてしまいましょう。

ゴミ屋敷を片付ける前に、親が存命の場合は親の同意ももちろん必要ですが、しっかりと準備してから始めるのが肝心

また、片付けや掃除は少なくても3人以上の人手に加えて備品道具が揃えてあればベストです。

<準備するもの>

○連休など2~3日まとめて集まれるようにスケジュール調整する
ゴミ屋敷の掃除は1日で終わりません。
最低でも2~3日はかかるることを見越してスケジューリングしましょう。
また、まとまった時間が取れない場合もあるかと思います。
そういう場合は欲張らずに一部屋ずつとか、今日は水回りの日、とかエリア分けして片付けて行きましょう。

○100枚以上のゴミ袋
市町村指定のゴミ袋の他に、布団も入るような大きいサイズの物、また、不燃物や割れ物などを入れるための丈夫な袋か土のう袋を用意します。

○軍手、マスク、エプロン、工具箱
これは必須ですね。

○軽トラックやライトバンなどの荷物をたくさん積める車
・自治体のゴミ処理場や持ち込んで良い日を事前に調べておきます。
・市町村など自治体に特別収集を依頼する場合は屋外の車庫など、2tトラックで積み下ろしができる場所に集積します。

準備ができたらゴミを分別しながらひたすらゴミ袋へ投入していきましょう!

効率よく片付けを行う場合は、ゴミを分別する人袋詰めする人運び出す人掃除する人、などと係を分けると良いですね。

ここで勝手にワンポイント・アドバイスです。

ゴミ屋敷といえども使えるものがあるかもしれません。

しかし、それを持ち帰ったり分別するだけでとんでもなく時間を要します。

現金や通帳印鑑契約書権利書など重要なもだけは最初に探し出し。それ以外はすべて捨てる覚悟で臨むのが賢明です。

買ってから間がない電化製品なんかがあればリサイクルショップへ持ち込むということも考えられますけどね。

ゴミ屋敷と言わないまでも、実家から出るゴミは想像以上に多いものです。

ちなみに、私の実家は農家でしたから、部屋数が9部屋に加えて台所や風呂場など水回り、そして物置部屋や押し入れなどの収納スペースもたくさんありました。

一番多い時で3世代6人が暮らしていましたから、妹と片付けをするのに週末ごとに集まって大げさではなく、2人がかりで半年近くかかりました。

幸い、2台用の屋根付き車庫スペースが母屋に隣接してあったので、ブルーシートで幕を張って廃棄するものは全てそこへ集積しました。

結局、家電製品以外は地元の自治体へはゴミを持ち込めず、「特別収集」と「複数の業者」に見積もり依頼をかけ、ほとんどは産廃運送業者に引き取ってもらいました。

兎に角、鉄則の一番目、大量のごみは自分たちですべて片付けようと思わないことです。

もう一つの鉄則は複数の業者へ見積依頼をかけること、です。

そして三番目の鉄則は、換金できるものはすべてお金にすること、です。

そこで頼れるのが貴重品など小さいものは「おたからや」などへ持ち込む!

そして、もう一つ選択肢として頼れるのが「全国対応の不用品かたづけ業者一括査定のサービス」を利用することです!! 

これだったら県外に住んでいても見積依頼ができて比較が可能ですし、自分たちの手間や時間をとられることもありません。

コチラのサービスだったら遺品整理などにも対応してくれるのも嬉しいですよね。

なかなか思い出がある品物は自分では片づけたり、捨てることができないもの。

妹なんかは、何か思い出のある品物を見つけるたびに思い出や感慨にふけっていましたから、そんな日は作業も捗りませんでした。

残念ながら、一括査定のサービスを知ったのは片づけを半分ほど終えてからだったので実現はしませんでした。

それでも、「貴金属」はおたからやへ。

着物は地元の着物買取専門の業者へ持ち込みを。

それぞれ時代の流行などもあって一概には言えませんが、自分たちにはガラクタでも、モノによっては「何でも鑑定団」に出せるような値打ち物の「古書」や「骨董品」なんかもあるかも。

我が家の場合、貴金属と着物や反物だけでも数万円になりましたから、交通費や弁当代が浮くだけでも随分と経済的にも精神的にも救われる想いをしました。

業者に頼んだほうが良いゴミ屋敷の状態と料金は?

大型のゴミでも地域の決まった大型ゴミ収集日にソファやタンスを出すという手もありますが、それには車も必要ですし、一人では無理なので人手も要るし、日程調整もあります。

・車が横付けできない
・水回りが使えず、衛生状態が悪い
・3DK以上の広さで、部屋のすべてがゴミで埋まっている
・庭や物置など外にもゴミが多量にある
・手伝ってくれる人手がない
・家具や電化製品などの家財道具全てを処分したい

そこでまず検討したいのは、家具や電化製品の処分が必要ない場合は自治体の「特別収集」に依頼して処分することです。

これは、市町村などの自治体のゴミ収集車が自宅へやってきて搬出から処分までしてくれるというものです。

ただし、搬出と言っても家の中からは運びだしてくれません。

加えて、2t車や収集車へ直接積み込みできる場合に限らるようです。

依頼方法ですが、自治体にもよるかと思いますが、私の場合は大体の目安となるゴミの目安を伝え、日程を調整していきます。

料金は可燃と不燃に分別した状態で量り売りならぬ、「キロあたりいくら?」という料金になっていました。

注意したいのは、家具などは大きいままだと引き取ってくれないので、通常のごみ収集日と一緒で1m以内の大きさに壊して束ねておく必要があります。

また、可燃物と不燃物をしっかり分別しておかないといけません。

つまり、分量にもよりますが、ゴミ収集車も可燃物用不燃物用最低2台がやってくることになります。

集積する場所も必要ですから、条件が満たされない場合は専門の業者に片付けを依頼することになります。

今はネットで検索すれば様々な業者がゴミ屋敷の片づけや遺品の整理などを請け負っていますから、やって欲しい仕事の内容に合わせて業者を選びましょう。

ゴミをすべて持っていってほしいならば不用品回収業者がいいでしょうし、分別したゴミを処分だけなら産廃運送業者でも請け負ってくれます。

また、ごみの片づけだけや運搬だけ、というような場合は専門の業者や便利屋に依頼するという方法もあります。

詳しくはその業者のサイトに記載されていると思いすので、参考にすると良いと思います。

参考までに「見積もりはまとめて一括で相談できるサービス」もあります。

ちなみに、私の場合は先程ふれた自治体の「特別収集」と「産廃運送業者」の2者に頼むという合わせ技を使いました。

とういうのも、半ば失敗談なんですが、「特別収集」の場合は平日の日中に立会いが必要ですし、料金も安いかと思っていたんですが、意外とそうでもなく高かったんですよね。

家の半分くらいが片付いて、車2台が入る車庫が一杯になった状態で依頼したんですが、壊した家具なんかも含めて15万円程かかりました。

そこで、残りの半分は車庫に集積したあと、地元で複数の産廃運送業者に見積もりを依頼しました。

そうしたらなんと家具や家電製品はそのまま壊さない状態でも引き取ってくれて、料金は7万円ほどで収まりました。

幸い、4t車が入る敷地でしたから助かりました。

そして、これも後日談があるんですが、料金は即金で支払ったんですが、その日には電話があり、古いエアコン金庫だけは別料金になりますと。

後日、しっかりと1万円ほどですが追加請求されました。

いろいろ勘案しても労力費用も市町村の特別収集の半分程度に収まっという結果でした。

ちなみに、片付けや掃除専門業者の場合ですが、
<軽トラックのゴミを作業員2名が半日作業して片付ける場合の目安>として
・車輌費 5千円前後
・人件費 6千円~1万円
・処分費 5~7万円
などの細目に別れて見積もり、請求されるようです。

我が家の場合、全て含めると2tトラックで6~7台分あったでしょうか。

時間にすると妹と二人で週末に対応して半年くらい掛かってしまいましたが、実質的な費用は20万円強で済みました。

ただし、ゴミ袋に入るものは週末ごとに妹が車に積んで持ち帰っていましたからね。

幸い、妹の自宅と実家が同じ自治体だったので助かったのも事実です。

妹が自宅のごみ収集日にせっせと小分けして出していましたようですからね。

布団なんかだけでも一枚が丸々入るゴミ袋をホームセンターで購入して対応しました。

それくらい、ゴミ屋敷ではないにしろ、実家の片付けには費用も労力もかかります。

相当な覚悟?を持って対応しないといけません。

そういう意味では、日頃から、というか実家に帰るたびに、親とよく話をし、こまめに片付けをしておくことができれば理想的ですね。

Sponsored Link




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です