渡辺直美のドラマ「カンナさーん!」体重100キロ超えのギャラは?

渡辺直美,ドラマ,カンナさーん!

ドラマ「カンナさーん!」で主役を務める渡辺直美さん。

ファッションポップで可愛いと話題になっていますね。

ビヨンセのモノマネもそうですけど、何でも体当たりしている姿勢には好印象があります。

何かと話題の渡辺直美さんですが、「買い物が大好きで空き時間があると数時間のうちに100万円単位で洋服を買うこともある」とか。

体重が100キロ超えだというニュースも先日ネットに流れていましたが、何でもケタ外れの渡辺さん。

気になる彼女のギャラのことやファッションなどにスポットを当ててみました。

Sponsored Link

渡辺直美のドラマ「カンナさーん!」のファッションが話題に

視聴率初回は12.0%、2話12.6%と、火曜ドラマ歴代最高視聴率を記録している「カンナさーん!」(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

女優というよりはお笑いタレントを地で行くような役柄ですが、高視聴率の秘密はいくつかあるようですね。

理由の1つ目は、原作ファンからも好評であること。

ドラマ「カンナさーん!」は、人気漫画家の深谷かほる氏原作。

漫画が原作の場合、熱烈なファンからのブーイングによって視聴者離れを引き起こすこともあるようですが、今作は評価が高いようです。

そして、1番目の理由にも通じるようですが、2つ目の理由は渡辺直美がハマリ役の“当たり”のキャスティングだということでしょうか。

そして、3つ目は様々な女性視聴者を取り込むことのできる共感性のあるストーリー性があると言います。

「渡辺演じるカンナさんには、夫の不貞、ワンオペ家事のつらさ、仕事の大変さ、仕事と家庭の両立、嫁姑問題などなどあらゆる難題がふりかかりますが、それは様々な立場の女性が共感できる問題でもある。
また、コメディドラマによくある“ポジティブにやってたら何となく解決!”というご都合主義の展開に安易に走らず、シビアに現実を描こうとしている部分もあり、ストーリーにも期待が持てます」

渡辺直美,カンナさーん!

たしかに、100キロ超えの巨体?に加えて派手というか、奇抜なファッションに細くない足を出して自転車をこいでいるいる姿はなんとも印象的です。

まあ、顔の作りやメイクも派手ですけど、ファッションも派手ですよね。

それがピッタリとハマって嫌みがないというか、彼女こそが成しえる真骨頂とでもいうべきでしょうか。

渡辺直美さんと言えば、あの体型ながら(失礼)自身がデザインする“PUNYUS”というブランドも持っていて、それが結構当たっているよです。

ファッションセンスが高いのもうなずけるというものです。

ビヨンセのステージとは違ってドラマではキレキレの動きはないですけど、新しい渡辺直美の世界が広がったようですね。

渡辺直美のドラマ「カンナさーん!」のギャラは?

体重100キロ超えの渡辺直美さん。

スリーサイズは恐ろしくて知りたくないですけど、女優と違ってエンターテイナー?としての渡辺さんのドラマ出演のギャラはおいくらなんでしょうか。
(以前のデータではB130cm/W115cm/H120cmとか)

下世話な話ですけど、人気女優であればドラマ1本(1話)あたり100万円超えが相場。

放送時間帯や過去の視聴率などなど、様々な要因はあるでしょうけど、渡辺さんはインスタグラムではフォロワー700万超えの人気者です。

今やおデブタレントとして定着していますが、同性の女性からも好感度を持たれているようですね。

CM本数も10本前後ありますし、ニューヨークでの単独公演も成功させています。

先日も彼女の舞台のリハーサル風景が放映されていましたが、とにかく手を抜かずに全力投球で体当たりする姿が印象的でした。

芸人だから当たり前と言えば当たり前なんですが、そんな姿勢が観ている人の心を動かすんでしょうね。

で、前置きが長くなりましたが、100キロ超えの体重を支える彼女のギャラはいかほど?

「体重103キロ」を支えるギャラと肉食』というタイトルで週刊文春にも記事が載っているようですけどね。

田舎なので今日は手に入っていませんが、発売になったらまた改めて紹介したいと思います。

先ほども渡辺さんがサイドビジネスで自身がデザインする“PUNYUS”というブランドを立ち上げているという話題に触れました。

ドラマカンナさーん!」の渡辺さんのギャラ60万円とのこと。

年収で1億を超えるのもそう遠くはないかもしれませんね。

Sponsored Link

ドラマのヒロインたちのギャラと女王の座に異変あり?

視聴率重視のテレビの世界。

渡辺直美さんもそうですが、女優さんの人気度だけではなく、視聴率やスポンサーからの好感度もギャラには少なからず影響があるようです。

視聴率ナンバーワンと言えば「ドクターX」の米倉涼子さんが真っ先に頭に思い浮かびますが、先日、NHKのあさイチに出演した本人は意にそぐわないというような発言をされていました。

そんな米倉涼子さんのギャラは2017年10月からはじまる次回作の「ドクターX」ではシリーズを通して1億円を超えるとも言われています。

まあ、下世話な話かとは思いますが、当然、ドラマの制作もスポンサーがあってこそ成り立っているわけですし、そのスポンサーもCMを見て商品を購入する私たち視聴者があってこそ成り立っているわけで。

なかなか、このドラマの〇〇円分は自分が貢献しているんだぞ!という目に見える数字では現れないですけどね。

先日、とある雑誌を見ていたら女優さんたちのギャラが公開されていました。

真偽はともかく、当たらずとも遠からず、というところでしょうか。

渡辺直美さんの「カンナさーん」のギャラは60万円。

先の米倉涼子さんはドラマ1本(1話)あたりギャラが555万円だということで視聴率がとれる女優としてはダントツですが、予想通りというか、誰もが納得のいくところでしょうか。

では、他はどうなんでしょうか。

視聴率が取れる若手女優が世代交代中!」と、FLASHの記事では触れられていましたが、長澤まさみ綾瀬はるか石原さとみのトップ3が新垣結衣高畑充希などにスイッチしていると。

その女優さんたちのギャラですが、

新垣結衣 /170万円(コード・ブルー)
高畑充希 /150万円(過保護のカホコ)

だとか。

これが高いと思うか、安いと思うか、ですけどね。

どちらも好感度が高いのは間違いないようです。

まとめ

よもやマツコデラックスがこれほどにも高い露出度をほこり、好感度も高くなるとは誰が思ったでしょうか。

所詮は個人の好き嫌いがあるでしょうけど、女優に限らず、タレントなり芸能活動をしている人々に人気度や視聴率はつきもの。

配役や企画の当たりはずれもあるでしょうけど、やはり人気もギャラも今の時代を反映しているんでしょうかね。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です