宝塚出身の涙ジェンヌRiRiKAに学ぶカラオケ高得点を出すコツ

RiRiKA

テレ東のTHEカラオケ★バトルが大好きだという方はもちろん、そうでない方も知っているであろうRiRiKAりりか)さん。

2016年8月「最強女子ボーカリストNo.1決定戦4」では2度目の優勝

2016年9月には「歌の異種格闘技戦12」で3度目の優勝をするだけでなく、2度目となる100点を獲得しての優勝を飾るという輝かしい戦績の持ち主です。

カラオケが格闘技?なんて疑問は個人的には残りますが、THEカラオケ★バトルには絶対的なファンや支持者もいます。

まあ、相手がカラオケマシーンですから、所詮勝ち負けはないとは思うんですが、語弊を恐れずに言うとカラオケ自体が自己満足の世界であり、余興の世界ですからね。

個人的にはDAMで高得点を出して全国1位?になったことはありますが、自分が楽しめればそれで良いのではないかと。

それにしても、RiRiKAさんのYoutubeの動画は何度か観ていますが、その歌唱力には圧倒されます。

その秘密は何なのでしょうか。

今回はRiRiKAさんの歌唱力の秘密や、カラオケで高得点を出すコツなどについてみていきたいと思います。

Sponsored Link

宝塚出身の涙ジェンヌRiRiKA歌唱力の秘密とは

テレビ東京系で放送されているカラオケ番組『THEカラオケ★バトル』で一世を風靡したRiRiKAさんですが、宝塚歌劇団では「花咲りりか」の芸名で花組娘役として4年間ほど活躍していたということです。

元宝塚だったら「歌がうまくて当たり前じゃん!」とも思われますが、意外にもそうでもないようです。

元タカラジェンヌで今も芸能界で活躍されている方が多いですが、何でもRiRiKAさんは宝塚音楽学校史上初めて歌の最高評価「秀」という成績を獲得したエリート歌姫だったとのこと。

宝塚音楽学校の歌唱評価は「不可・可・良・優・秀」の五段階になっているらしいんですが、RiRiKAさんは秀。

この評価をとれる人はなかなかいないらしいんです。

つまり、音楽学校時代の評価で言えばどんな宝塚のトップスターもかなわなかった?ということでしょうか。

本人のプロフィールにも記載がありますから、間違いないですね。

宝塚に残っていればトップスターの道も開けたかもしれませんよね。

カラオケバトルへの出演は、当時のマネジャーに強く勧められたのがきっかけらしいですね。

「最初は、どこか機械的に点数を付けられることに無機質なものを感じ、抵抗があった」と明かす。しかし、実際にこの番組に出るようになって「より正確なもの、歌詞の一言一句の深さを求めるうち、歌のおもしろさに改めて気づき、間違いなく歌も上達しました。私の人生を変えてくれた。出て、本当に良かったと思います」

人間、何がきっかけで転機が訪れるかわからないもの。

先見の明があったマネジャーには感謝ですね。

そんな彼女ですが、なぜ「涙ジェンヌ」という称号?がついているとかと言うと、カラオケバトルで歌う時にはつい感情を込めて歌うため、泣きながら歌うからだそうですよ。

RiRiKAさんのTHEカラオケ★バトルでのYoutube動画は最後の方でお知らせしますね。

RiRiKAに学ぶカラオケで高得点を出すコツとは?

カラオケバトルに出演するようになって「歌のおもしろさに改めて気づいた」というRiRiKAさんですが、その歌唱力は宝塚時代には既に培われていたものでしょうけど、カラオケマシーンを相手に高得点を出せるコツなどがあるんでしょうか。

カラオケバトルの直前は、行きつけのカラオケ店で一番点数の辛い部屋にこもり、特訓する。

「勝負はゼロコンマの小数点の差なんですよ」と、その特訓部屋で常時100点を出し、ある程度、自信を付けて本番に臨む。

RiRiKAさんには絶対音感があるかはわかりませんが、天才的な耳の持ち主であることは間違いありません。

初めて渡された楽曲の譜面でも初見で完璧に歌えると言いますから、流石は元“タカラジェンヌ”ですよね。

他人の歌声を聞いていても、わずかなズレも聞き分けられると言いますし、流石はマシーン並みの耳と音感です。

そんなRiRiKAさんが2017年8月11日(金)の午後2時半からソロライブを行います。

場所は「よみうり大手町ホール」。

ステージでは
「ウエスト・サイド・ストーリー」
「エビータ」など有名なミュージカルからの楽曲。

そして新曲「素晴らしいことに出逢うため」など15曲が予定されています。

「私も思いきり楽しむので、カラオケのときとはまた違う私の歌を生で聴きにきて欲しい。
もちろんトークでは“カラオケバトル”にも触れ、こぼれ話も出るかも。
絶対に飽きない内容です」。

丁度お盆休みの初日。

当日券も用意されているそうですから、彼女の生歌が聞ける絶好の機会です。

テレビで見ていてもあの迫力の歌唱力ですから、ライブではさぞかし圧倒されることha間違いなしでしょう。

カラオケの採点で高得点を出すコツとテクニックとは?

スナックやカラオケハウスに行くと機種の違いやキー、曲調に惑わされることもにしばしば。

私が行きつけのスナックは「DAM」ですけど、たまに違う店に行くと「JOYSOUND」があったりしてデンモクの操作方法にも戸惑うことがしばしば。

大抵のカラオケマシンは「採点」をしてくれる機能がありますよね。

最近は通信カラオケが当たり前の世界ですから、一ヶ月間だと思うんですがカラオケバトルさながらに楽曲ごとに全国のランキングが出る機能もあったりします。

つまり、一人カラオケでも知らない相手とカラオケで疑似対戦ができるというわけです。(相手の歌は聴けないですけどね)

なので、月が変わったばかりのタイミングだと間違えて全国で1位!なんて事態になることもあります。

そんな時は気分が良いですけどね。

でも、音程がとりにくい楽曲だと「本当にこの採点合ってるの?」と高得点が出ないのを機械のせいにしたくなることも。

では、カラオケの採点で高得点を出すコツはあるんでしょうか。

私が普段使っている「DAM」の場合ですが、採点項目の中で得点配分が大きい3つの要素があるとのこと。

それは

「音程」
「安定性」
「表現力」

の3つ。

カラオケ上達のためのトレーニング屋さんである『大阪 カラトレ屋』のじゃこさんによるとその3つを制覇するコツは以下の通りだそうですよ。

「音程」で高得点を狙うコツ

「音程」では、ガイドメロディーのとおりに歌えているかがチェックされます。歌手が歌っている音程ではなく、ガイドメロディーを基準にチェックされます点に注意しましょう。そのためここで高得点をゲットするには、ガイドメロディーを一度しっかり聞くか、採点画面の音程を示すバーを見て覚え、そのとおりに歌えるようにしましょう。

「安定性」で高得点を狙うコツ

「安定性」では、ムラがなく安定している声で歌えているかどうかがチェックされます。特に長い音はムラにならないよう、真っすぐ丁寧に伸ばしてあげると高得点を出しやすいです。

どういう声が「ムラのない安定した声」かというと、少し遠くの人へ返事するときの「はーーい」です。こう伸ばしているときは、とても安定した声を出す人が多いです。この「はーーい」を出して、まずは安定した声がどういうものか知っておくといいですね。
あとはリップトリル(唇をブルブルさせる方法)で声を出すと、発声に不要な力みが取れやすいので、歌う前にやってみるといいでしょう。簡単ですし、おすすめの練習方法です。

「表現力」で高得点を狙うコツ

「表現力」の採点には、「抑揚」「しゃくり」「こぶし」「フォール」の4つの項目があります。この中で大きく採点にカウントされるのは「抑揚」です。

「抑揚」では、音量を変化させているかどうかが採点されます。ずっと小さい声でぼそぼそ歌ったり、大きな声で張り上げて歌い続けても高得点は出せません。コツは、低い音は小さく、高い音は大きく歌うということです。

https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/12179より

Sponsored Link

 

まとめ

RiRiKA(りりか)さんは1984年ら12月26日生まれだそうですから、クリスマスが近いんですね。

30歳を少し超えたところですから、今後の活躍がますます楽しみです。

それにしても、RiRiKAさんの歌も良いですけど、ルックスもなかなか行けてますよね。

流石は元タカラジェンヌ。

あの1950~1960年代のオールディーズ調の画像は可愛いのでお気に入りです。

雰囲気がピッタリハマっていますよね。

今度ライブに行ける機会があったら是非上京して生歌を聴きたいですね。

日本が世界に誇るカラオケですが、どんな時代になっても、形は変わっても無くならないでしょうね。

歌がなくならいように。

私が物心ついた頃のカラオケと言えば8トラックの大きなテープでした。

それがカセットテープになり、レーザーディスクになり、今は通信カラオケが当たり前の時代です。

その気になればパソコンやスマホでもカラオケが楽しめますしね。

良い時代です。

RiRiKAの歌が聴けるCD 「THEカラオケ★バトル」BEST ALBUM(おまけ情報)

「K★Bオールスターズメンバー」と称して
・林部智史
・城南海
・宮本美季
・翠千賀
・中村萌子、
・RiRiKA
・つるの剛士
・U-18四天王(角田龍一、堀優衣、佐々木麻衣、鈴木杏奈)
の11名が番組で高得点をたたき出した珠玉のカバー曲(8曲)を収録したCDが発売されています。

カラオケファンには垂涎もののCDですよね。

何とも贅沢な一枚です。

<収録楽曲>

1 Over and Over ~夢は終わらない/ K★Bオールスターズ

2 月のしずく/城 南海

3 白いパラソル/ 鈴木杏奈

4 駅/RiRiKA

5 366日/つるの剛士, 宮本美季

6 ヘッドライト・テールライト/ 翠千賀

7 君をのせて/ 堀優衣

8 おひさま~大切なあなたへ/ 中村萌子

9 ビリーヴ/ 宮本美季

10 いつもそばに歌がある/ 翠千賀, RiRiKA, 城 南海

11 Over and Over ~夢は終わらない(オリジナルカラオケ)

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です