見た目年齢の差って何?鍵は健康寿命も伸ばすテロメアの活性化

Pocket

同窓会などで若い頃の仲間が集まる機会があると、参加するかどうかを迷うことがないですか。

その理由の一つには、自分よりも若々しく見える人がいたり、イメージがガラリと変わって凄く老けて見える人がいたりして、思い出が壊れるようで怖いから、ということもあるかと思います。

40代、50代になると、さらにその差が浮き彫りになってくるように思えます。

同じ年のはずなのに「損する人得する人」じゃないですけど、「見た目年齢に差があるのはなぜでしょうか。

この人苦労したんだな、というのは勿論あるでしょうけど、その違いは「細胞の老化度」に起因していると考えられるとか。

では、このような細胞の老化スピードの差はどのようにして起こるのでしょうか?

なんでも、細胞の老化度にはテロメアが関係していると言います。

あまり聞きなれない単語ですが、そのテロメアを伸ばす食べ物生活習慣などがあると言いますから、詳しくみていきたいと思います。

見た目年齢の差って何?老化防止や寿命を左右するテロメアとは

人に限らず、生物の細胞は常に新陳代謝を行って日々、新しい細胞と入れ替わっています。

細胞をつくるための設計図は遺伝子ですが、人の遺伝子は父親から1本、母親から1本を受け継いだ2本で一対になっています。

両親から1本ずつもらって2本あるということは、「端っこ」があるわけです。

遺伝子は身体や性格をつくるためのデータですから、このデータが失われることは大問題です。

そのため、端までデータを失わないために、もしくは端のデータを失っても問題が起こらないように、両端に何も書かれていない部分が存在します。

この部分を「テロメア」と言います。

テロメア」の存在ですが、なくても困らないようでいて、ないと困る部分です。

その証拠に、この「テロメア」は単なる端っことしての役割だけでなく、体細胞が分裂した回数をカウントする役割もしています。

それが「寿命の回数券」とも言われる所以です。

この回数券が尽きると、細胞は分裂できなくなり機能しなくなるのです。

ここでのポイントは「回数券」であるということです。

つまり、細胞分裂の「回数」は決まっていますが、次の分裂までの「間隔」は決まっていないのです。

1回の分裂でできた細胞は、長く使うことができても、短期間しか使えなくても、1回は1回として数えられるのです。

つまり、次の分裂が遅くなればなるほど、若い状態を保つことができますし、長寿にもなるということです。

また、テロメアの長さは、年齢によって一律に決まっているわけではありません。

テロメアの長さは様々な生活習慣によって変化するため、個人差があります。

同じ年齢同士であっても、テロメアの短い人は、各種心臓病、ガン、糖尿病、骨粗鬆症などになりやすいと言われます。

それに対してテロメアの長い人は免疫力が強く、心機能なども優れたままであり、その他老化にともなう病気にかかりにくいというのです。

それではどんな生活習慣がテロメアを短くしてしまうのでしょうか?

Sponsored Link

テロメアを伸ばす食べ物と生活習慣

テロメアが細胞分裂を繰り返すたびに減り、その状態が続くと機能を停止するという話をしましたが、細胞分裂によってテロメアが減っていく過程は、生命力の衰退=体が老いていく状態とも言えます。

老化とは、単に加齢によるもではなく、身体にマイナスの要素を及ぼす食べ物や環境、生活習慣によって自ら加速させている面もあります。

一般的に生活習慣病の要因としても常に挙げられる肥満・喫煙・ストレス・過食などは、テロメアを急速に短くしてしまいます。

それは、体内で炎症を起こすような食事や酸化ストレス(体内の酸化・還元バランスが崩れ、カラダを傷つける活性酸素が多くでてしまっている状態)によって引き起こされるのです。

その対策としては食事や生活習慣を見直すことは勿論ですが、抗酸化効果のある食べ物やサプリメントをとることでもテロメアの短縮を遅らせてくれると言われています。

そこで有効なのが「腹八分目の食事」と定期的な運動に加え、マルチビタミンオメガ3脂肪酸の摂取などがあげられます。

具体的には、

①理想的な体脂肪率(女性は22%以下、男性は16%以下)及び体重を保つこと

②1日1時間以上の有酸素運動及び、レジスタンストレーニング(筋肉に一定の負荷をかけて行うトレーニング)を行うこと

③一日8時間の睡眠をとること

④ストレスを軽減すること

⑤禁煙すること

などがテロメアの長さを保つために良いと奨励されています。

なんだか、上記の項目をみていると105歳という年齢まで生涯現役を貫かれた日野原重明(ひのはらしげあき)ドクターを思い浮かべますよね。

日野原重明ドクターの生き方はセンテナリアンとしても、テロメアを活性化させるという意味でも理にかなっていたんでしょうね。

テロメアを活性化させ、伸ばす食べ物やサプリとは?

テロメアを活性化させる食事内容としては、まず心掛けたいのが腹八分目の食事です。

具体的には、

〇全粒粉の穀類・野菜・果物・豆類などの植物性食品を積極的にとる

〇脂肪の多い動物性食品や精製された炭水化物、加工食品はひかえる

など、ボリュームはそこそこあっても、エネルギー量の少ない食品を選ぶことが腹八分目を続けるコツです。

また、活性酸素をためないように、抗酸化作用のあるビタミンCなどをとる方法もあります。

さらには、夜中に食べないようにする、早めに満腹感を得られるようによく噛んで食べるなど、食事ひとつをとってみても、細胞分裂を遅らせる方法はたくさんあります。

他にも、「O-リングテスト」やテロメアの研究でも著名な大村恵昭(おおむらよしあき)博士の「リンゴとバナナを毎日食べてテロメアを活性化させる」という書籍を以前に読んだことがあります。

一日一個のリンゴは医者を遠ざける」という格言がありますが、赤いリンゴに加えて、熟したバナナを半分~1本、一緒に食べることが長寿と若返りにつながると言うことでした。

身近な果物で若返り効果があるとすれば、試さない手はないですよね。

さらに細胞の老化を遅らせることで知られている「オメガ3脂肪酸」を補うことができれば怖いものなし?

オメガ3脂肪酸を十分に摂取し、食事の油のバランスを変えると、細胞の老化を遅らせることができる」という研究結果も報告されています。

ちなみに、オメガ3脂肪酸を多く含む食品として、イワシなどの青魚があります。

そのイワシに多く含まれ、よく耳にするのがEPA・DHAであり、オメガ3脂肪酸の一種です。

魚が苦手だったり、なかなか思うように食事に取り入れることができないという方には、サプリも有効です。

EPA・DHAには、血中中性脂肪を下げる働きもありますし、ダイエット効果も期待できる優れものです。

まとめ

健康寿命を考える上では、テロメアを活性化させ、伸ばすには日々の食生活がいかに大事かがわかりましたよね。

食事は献立を考えるのも面倒だったり、毎日のことなので案外とおろそかにしがちです。

しかし、日々の食事のほんの小さな積み重ねが生活習慣病を予防するだけでなく、若返りや長寿にもつながるとすれば、今からでも遅くはありません。

少しでも意識して生活したいものです。

他にもテロメアを守るためには、ウォーキング等の運動をしたり、ストレスをためないよう早めに発散したりすることも有効なのは間違いありません。

継続は力なり。

何歳になっても同窓会には自信をもって出かけたいものです。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です