夏の疲れがとれない!夏疲れに効く食べ物や解消法は?

夏疲れ
Pocket

9月に入って風も涼しくなり、朝晩はずいぶんと過ごしやすくなりましたが夏の疲れは残っていませんか?

秋バテと表現する方もいるようですが、よく「夏の疲れは涼しくなってから出てくる」と言われます。

なぜ秋口になると夏の疲れが出てくるんでしょうか。

身体がだるい」、「食欲がない」、「眠れない」などの身体の不調の原因を知り、早めにケアしたいものです。

今回は、夏の疲れの原因や疲れをとる方法について紹介したいと思います。

夏バテを引きずって風邪をひいたり、体調を崩さないためにも、今すぐ夏疲れ対策をして食欲の秋、芸術の秋を大いに楽しみましょう。

夏の疲れの原因は何?

一言で「夏バテ」とか、「夏疲れ」という表現をしますが、その原因や症状も人によって様々です。

夏バテで弱った身体は免疫力も低下しています。

夏疲れ症状には疲労感倦怠感食欲不振だけでなく、症状が重症化すると立ちくらみやめまい無気力感集中力低下、イライラ感体のむくみ胃腸障害などが起こります。

特に普段から胃腸が弱いと感じている人、虚弱体質の人、環境の変化に順応しにくくストレスがたまりやすいと感じている人などは夏バテになりやすいと言われています。

夏疲れの原因も様々ですが、そんな時にこそ「生活習慣」や「食事」を見直し、身体のケアをするチャンスです。

夏バテ」や「夏疲れ」には定義がなく、暑さが原因となって起こる自律神経の乱れが主な原因として挙げられます。

9月に入っても日中は残暑が厳しく、朝夕には冷え込むといった気温差が激しい環境は体調管理も難しいものです。

免疫力の低下により夏風邪をひいてしまうことさえあります。

怖いのは、夏の疲れを引きずることにより、食欲不振や睡眠不足だけでなく、陰に隠れていた疾患が進行して悪化することです。

夏疲れの主な原因としては今更説明の必要もないかもしれませんが、以下のようなものがあります。

①エアコンの使用による自律神経の乱れ
 冷房が利き過ぎた室内に長時間居続けることで血行が悪くなり、冷えやだるさなどの症状が現れます。

②紫外線の影響
 紫外線が皮膚に当たる事により、細胞内では活性酸素が発生します。
 その活性酸素をいかに早く打ち消すかが細胞の老化防止にもつながります。

③食生活の乱れ
 暑さのせいで冷たい飲み物を多量に摂取したり、食欲が低下して食事を抜いたりと食生活も否規則になりがち。
 そうめんなどあっさりした炭水化物中心の食事を摂ったりしがちで、ビタミンなどの栄養素が不足する。

④睡眠不足
 暑さや湿気のせいで十分な睡眠をとることができないため、その日の疲労が回復できず、蓄積しがちになります。

⑤ストレスの蓄積
 夏場はイベントも多く、加えてお盆や夏休みによる生活リズムの変化も多いもの。
 また、意外と節電を意識して冷房の使用を我慢することでストレスがたまったりもします。

これらの対策として考えられるのは、薬やサプリに頼るのではなく、夏疲れの原因となった生活習慣や食事を見直すことが一番の近道です。

Sponsored Link

夏の疲れをとる生活習慣と食事

夏場に冷房や冷たいものの摂りすぎて体を冷やしがちだった生活は自律神経のバランスを崩すことになり、不調を招いてしまいます。

夏疲れで弱った身体は免疫力も低下し、風邪や下痢などの症状となって現れる人もいます。

そんな時には生活習慣や食事を見直して疲れた身体をケアし、免疫力もアップさせたいものです。

まずは夏の間に冷やしすぎた体を温めるようにしましょう。

そこで自宅でも簡単にできる夏の疲れをとる方法ですが、基本は冷えた身体を温めることです。

いくつか身体を温めるための方法を紹介したいと思います。

◆ぬるめの風呂にゆっくりつかる

夏場はシャワーで済ませることも多かったかと思いますが、まずは少しぬるめ(38~40度)のお湯にゆったりと浸かるようにします。

体が芯から温まるだけでなくリラックス効果も得られます。<

できれば、ベッドに入る1時間くらい前に入浴を済ませることで、寝つきがよくなり質のよい睡眠を促してくれます。

またお風呂に入ったときに、足の裏の人差し指と中指の骨の間で、少し窪んだところにある湧泉(ゆうせん)というツボを押すと、自律神経の働きが高まり、疲れも早く取り除くことができます。

◆栄養バランスの良い食事をとる

夏場は冷たい食べ物で胃腸を冷やすことにより、食欲不振や胃腸の働きを悪くすることにもつながり、栄養の吸収が悪くなりがちだった食生活。

ソーメンやざるそばなどの偏った食事が重なると「ビタミン」、「ミネラル」、「たんぱく質」といった、体に必要な栄養素も不足がちに。

食事のときには味噌汁やスープなどの温かいものを摂るようにして、まずは体の中から温めるようにしましょう。

生姜やねぎ、唐辛子をプラスすると体の中からポカポカするだけでなく、風味が増し食欲を増進してくれます。

1日3食をバランス良く摂り、胃腸に負担をかけないように、よく噛んでゆっくり食べましょう。

疲労回復や体調維持のため、ビタミンやミネラルの補給も忘れずに。

◆質の良い睡眠を心掛ける

夏の疲れを解消するには寝不足気味だった睡眠の質を改善することも必要です。

睡眠の質を高めるには、なるべく早めの就寝時間を守ってぐっすりと眠り、その日の疲れをその日のうちに取り除きたいもの。

入浴は1時間前までにぬるめのお風呂につかり、心と体をリラックス。

寝る1時間前から意識して部屋の明かりを暗くし、パソコンやスマホの使用は避けます。

また、寝る直前の室温は25℃を目安に。(冬なら18℃、湿度はともに50%くらいが好ましい。)

朝一番に日光をしっかり浴びると目覚めもよいと言われます。

◆軽い運動やストレッチでリフレッシュ

軽い運動で体を活性化させ、自律神経の乱れを整えます。

20~30分ほどの散歩やウォーキングがおすすめ。

雨の日にはストレッチを取り入れるなど、身体を動かす習慣をつけたいものです。

◆室内での過ごし方を工夫する

室内と室外の温度差が5℃以上になると自律神経が乱れやすくなると言われています。

エアコンは温度をこまめに調節しましょう。

オフィスなど自分でエアコンの温度調節ができないところでは、エアコンの風が直接当たらないように風向きなどを調節し、上着を羽織ったり、長いパンツをはくなど工夫をして体温の調節をしましょう。

Sponsored Link

まとめ

夏から秋にかけて疲れが取れなかったり、体調を壊すのは激しい気候の変化やそれに対する身体の防御反応でもあると言えます。

よく、夏バテに効果がある食材として土用の丑の日に食べる「うなぎ」がありますよね。

しかし、夏バテや夏の疲れをとるためには返って逆効果だということもあるみたいです。

確かにうなぎは疲労回復に欠かせないビタミンB1、B2、B6、体の免疫力を高めるビタミンAが非常に豊富です。

注意したいのは、夏疲れで胃腸が弱ったり、消化力が衰えている体には脂肪が多く、高カロリーのウナギは負担が大きいものです。

胃腸機能低下に拍車をかけることとなり、夏の疲れを解消するどころか、疲れをため込んでしまう負のスパイラルから抜け出せなくなる可能性もありますから、注意したいものです。

何といっても食事は主食、主菜、副菜がそろった栄養バランスの良い食事を取ること。

これは夏の疲れ対策に限らず、健康と美を守る大原則ですよね。

疲れがとれないからと家の中にこもったりせず、適度な運動も必要です。

疲れがとれないからと強迫観念にとらわれることで逆にストレスになりかねません。

秋はお祭りやイベントに参加してストレスを発散たり、味しい食べ物を楽しみに秋を満喫したいものです。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です