30代の肥満は認知症のリスクが3.5倍!予防法はあるの?

肥満と認知症リスク

先日、ネットを見ていると
30代の若いときから肥満であると認知症のリスクが3.5倍になる
というニュースが目に。

肥満が高血圧や動脈硬化を招いたり、糖尿病や脳梗塞の原因になるなど、生活習慣病の温床であることは誰もが知っていることですよね。

そのため、「肥満は万病のもと」とも言われ所以です。

しかし、中高年ならまだしも、30代の若いときから肥満であると認知症のリスクが3.5倍になると言われたら思わず聞き返してしまうはず。

40代の頃からBMIが25を超えていた私にとっては気になるところです。

そこで肥満と認知症の相関関係予防法などを調べてみました。

Sponsored Link

肥満が認知症の原因になるかも

オックスフォード大学のクレア ウォットン氏がイギリスの病院を1999~2011年にかけて調査し、肥満と判定された45万1,232人の患者の診療記録を解析した研究によれば、

30~39歳で肥満である人は肥満でない人に比べ認知症の発症リスクが3.5倍に高まり、

40歳代では1.7倍

50歳代では1.5倍

と、それぞれ上昇したというのです。

私自身は50代半ばですから、自他ともに認める、というか健康診断を受ければメタボリックシンドロームと診断されますから、認知症の発症リスクが通常の1.5倍ということになります。

まあ、若年性アルツハイマーに罹っていてもおかしくなはい年齢ですから、あまり驚きもしないですが、やはり成人病や認知症で苦しみたくはないですからね。

できれば予防はしたいもの。

最近は「平均寿命」よりも、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間である「健康寿命」を伸ばすことが大事だと言われます。

平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年、女性で約13年の差があることから、それを縮めようということらしいです。

ちなみに、

<日本のメタボ人口は?>

厚生労働省の平成27年「国民健康・栄養調査」によると、肥満者(BMI≧25 kg/m2)の割合は

◎男性29.5%

◎女性19.2%

とのこと。

<日本での認知症の人数は?>

方や認知症はというと、ちょっと古いデータですが、

◎2012年で約462万人

◎2025年には65歳以上の5人に1人にあたる約700万人

となることが予測されています。

これは、国籍や性別、職業に関係なく誰でも発症の可能性がある国民病とも言えるそうです。

テレビで健康番組を観れば

○○をすれば治る

○○を食べれば予防できる

などと、生活習慣病や認知症に関しては様々な情報が飛び交っています。

私自身、長生き願望がないと言えばうそになりますが、せめて未病の期間は長く、生涯現役で過ごしたいものです。

この研究結果では30代、40代での肥満はより認知症リスクが高まると言うわけですから、既に予備軍の人はどうしたらいいんでしょうか。

端的に痩せれば良いというわけではなさそうですし、ダイエットに加え、どのような食生活すればいいのでしょうか。

Sponsored Link

小太りだと認知症リスクが低下するという研究結果も!?

しかし、同じイギリスで発表された別の研究結果では

超肥満~やや肥満で中年期を過ごすと、認知症リスクが低下する可能性がある

という研究結果が報告された事例もあります。

その研究によると

40歳以上のイギリスの成人(平均年齢55歳)約200万人について、過去20年分の医療記録をさかのぼって解析したところ

BMI(体格指数)20未満の「痩せ」の人は、適正体重の人より認知症発症率が34%も高い

ということが判明したそうです。

逆に、

中高年時のBMIが高くなるにつれて認知症リスクが減り、BMI40以上の「超肥満」の人ですら、認知症発症率が29%低かった

と言います。

しかも、この傾向は、体重以外の認知症発症リスクを除いて解析しても変わらなかった、と。

どういうこと?

なんとも不可思議な相反する調査結果ですよね。

では、私たちはどのように対処すればいいんでしょうか。

メタボリックシンドロームの男性

他にもある肥満が認知症のリスクを高めるという研究!

いろいろ調べていると、肥満と認知症の関係を示した調査結果が他にもありました。

2014年に発表された北米神経科学学会の研究結果です。

この研究は、60代を対象に8年にわたり研究したもので、肥満体型の被験者は脳の認知機能に関わる「海馬」が1年で2%近くも収縮していることがわかりました。

これは、標準体型の収縮率のおよそ2倍。

また、

国立台湾大学の調べでは、肥満度を示すBMIの数値が25.5以上の肥満体型の人は、BMIが20.5~22.9の適正値の人に比べ、認知症を発症するリスクが2.44倍にも昇ることがわかっています。

もう、あまたの中が????ですよね。

結論ではないけれど肥満の認知症発症リスクを考えてみる

様々な研究結果を並べてみると、肥満体型だと認知機能が低下、もっと言えば認知症のリスクが少なからず高まる、ということでしょうか。

実際にはデータこそあるものの、その詳しいメカニズムについてはまだ解明されてないと言います。

ちょっとホッとしましたが、仮説としては、

脂肪細胞から出る免疫系化学物質などの化合物が海馬の中で細胞死を促したり、新しい細胞がつくられるのを抑制したりするのでは

という考え方があるとのこと。

認知症の発症リスクを低くするにはどうすれば良いの?

認知症肥満の関係性をみてきましたが、肥満の人も含めて認知症の発症リスクを軽減する方法として「コリン」という物質が注目されていると言います。

今更ですが、様々なタイプはあるものの、認知機能が低下し日常生活に影響が出ている状態を「認知症」といいます。

コリンは、脳の記憶機能に働く「アセチルコリン」という神経伝達物質の材料となるビタミン様物質で、認知機能の維持に効果があることでも知られているそうです。

そして、このコリンは、肥満の原因となるコレステロールや中性脂肪の量を適正に調整する作用を持っているとのこと。

つまり、コリンを摂取することで、体型や認知機能の維持が可能と考えられるのです。

簡単に言うと

コリンを多く摂取している人は、そうでない人に比べて、体脂肪が低い傾向がある

ということらしいです。

「コリン」って聞いたことはあるけど、いったい何?

コレステロール値を抑えながら効率的にコリンを摂るのであれば大豆からの摂取がおすすめとのこと。

大豆は、コリンを多く含みますがコレステロールは含まれていない優秀な食材。

認知機能を維持して豊かな老後にするためにも、積極的に大豆を摂るようにしたいものです。

その点、私は豆腐が好きですから毎日食べる食材としては無理なく、取り入れやすいですね。

他にもコリンを多く含む食材として、レバー卵黄があります。

しかし、これらの食材はコレステロールが高いため、普段からあまり運動をしない人には肥満予防という観点ではNGですかね。

食材以外でも、「ボケ防止」としてよく言われているのは、やはり適度な運動をしたり、趣味を持つことですよね。

アメリカのメイヨークリニックの調査では、中高年期からアートなどの趣味を楽しんでいる人は、軽度認知障害の発症リスクが73%低下

同じく日曜大工や模型作りをしたり、社会活動に参加していた人は、リスクが半減したという調査結果もあるそうです。

Sponsored Link

まとめ

年代に関係なく、肥満は認知症の発症リスクと少なからず相関関係があることはわかりました。

メタボはどう割り引いても「百害あって一利なし」というところでしょうか。

認知症の発症リスク軽減ならずも、30代、40代の若いうちには太らないことが肝心なようです。

そして、特に中高年以降は体を動かしたり、趣味をもって活動的で社交的な「小太り」くらいであれば、認知機能をあまり損なうことなく、健康寿命も延ばせそうですね。

私の場合と言えば、BMIがどれくらいの値になるかは予測できませんが、目指せ半年で6キロ減!

まあ、一ヶ月に1キロですから、気長にダイエットに取り組んでいきたいと思います。

<下記は私が実際に取り組み始めたダイエットの準備編です>

週末酵素断食をやってみた!ファスティング完全レポート(準備編)

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です