若返りホルモンDHEAの増やし方!肥満防止にも効果がある食品とは?

若返り
Pocket

最近は「健康寿命」を伸ばそうとか言われますが、50歳前後からは体内のホルモン環境が大きく変化すると言われています。

更年期障害や不定愁訴も若年化していると言われていますが、
何となく元気がない
疲れやすい
調子が今一つ・・・
なんていうことが中高年になると増えてくる時期でもあります。

これは何も女性に限ったことではなく、ホルモン環境の変化により、男性にも心身の不調が現れる場合があります

ホルモンと言えば「女性ホルモン」や「男性ホルモン」が頭に浮かびますが、50種以上あると言われる中でも、女性の体調にも大きく関わる男性ホルモン

これが行動力や意欲にも関係しているとか。

男性ホルモンが減ると、「やる気が出ない」、「落ち込みがちになる」など心の不調の原因にもなるとのこと。

そのキーワードとなるのが最近注目されている男性ホルモンの主原料ともなる「デヒドロエピアンドロステン(DHEA)」です。

あまり聞きなれない言葉ですが、私も最初はDHAやEPAなど青魚に多く含まれる血液サラサラ成分の仲間?かと思っていました。

このDHEAの分泌が高まれば「若い頃のような心身に近づくことができる」というのですから、早速、調べてみました。

Sponsored Link

若返りホルモンDHEAって何?

50代半ばにしてようやく重い腰を上げ、本格的にダイエットを意識し始めた当ブログの管理人ですが、色々と実践する中、何を今さら?という思いもありましたが、気付きも結構ありました。

美肌効果やシミ・シワをなくす、とかいう単に老化防止の意味あいで言うアンチエイジングだけではないですけど、年相応に健康維持するためには結局、生活習慣、とりわけ食生活はバランスが必要だと。

今回調べたDHEAですが、これは「体内の潤滑油」としての役割もあり、女性ホルモンと男性ホルモン、両者の分泌にも大きく関係していて、心身のバランスをとる効果があることから「若返りホルモン」とも呼ばれているそうです。

DHEAですが、成長ホルモンと同じようなアンチエイジング効果があり、老化速度を抑える働きがあるということが近年の研究でわかっているそうです。

「老化速度を抑える」と言われればがぜん、興味がわくというもの。

健康長寿の人は共通してこのDHEAの血中濃度が高いとのこと。

会社で受ける健康診断で血液検査はするけど、DHEAっていう項目があったっけ。

ないですよね。

DHEAレベルですが、アンリエイジング外来ホルモン治療などを行っている専門医で調べられるそうです。

外来で「DHEA測定希望」と申し出ればいいそうですよ。

若返りホルモンDHEAのすごい効果とは!

若返りホルモンと言われるDHEAですが、これはストレスには弱いという弱点も。

慢性的なストレスがかかっていると分泌量が低下するということです。

DHEAが不足すると心身の不調を抱えることも多く、専門医ではサプリメントを処方して補充することもあるそうですが、詳しくは副作用のことについても触れられていますので、下記の専門医のウェブサイトが参考になるかと思います。
(http://taniguchiiin.jp/blog/?p=1745)

市販のサプリメントもあるようですが、医師と相談の上での使用をおすすめします。

改めてDHEAの効果ですが、並べると凄いですよ!

1.糖尿病・動脈硬化・がん・骨粗しょう症を防ぐ

2.新陳代謝を活発にする

3.体脂肪を燃やす

4.免疫力を高める

5.意欲や行動力を向上させる

Sponsored Link

若返りホルモンDHEAを食品から効果的にとるには?

老化防止や若返りに有効なDHEAですが、では、どうやったら増やせるのでしょうか?

もちろん、専門医に行けばサプリメントを処方してもらえるのでしょうけど、普通に食事する中で増やせないのでしょうか。

まずは、ストレスに弱いということですから、ストレスフリーな生活を心掛けることが大事なようですけど、「若くて疲れ知らずの人のキーワードは副腎を元気に!」ということだとか。

副腎は多種のホルモンを分泌する内分泌器のひとつですから、副腎を元気にする食べ物は確かに効果があるのかと。

しかし、〇〇を元気にする?ということで〇〇だけをせっせと食べる、というのは健康維持の上でも如何なものかと思いますが、確かに副腎を元気にする食べ物はあるようです。

〇ビタミンC/ほうれん草 いも類 レモン いちごなど

〇たんぱく質/鶏の胸肉などの肉類、卵の白身、大豆など

〇マグネシウム・・玄米 大豆 わかめ アーモンド ごまなど

〇ビタミンB群/レバー、ほうれん草、大豆、にんにくなど

〇ポリフェノールを多く含む食品(カカオ分の多いチョコレート、赤ワインなど)

逆に控えたい食べ物としては

〇白米・白砂糖・小麦食品などの白い食品

〇カフェインが多い食品

〇アルコール類

〇食品添加物や化学調味料

〇塩分

などです。

まとめ

若返り」というキーワードからDHEAの効果や増やし方を紹介しましたが、結局は普段からバランスよく何でも食べる!

特に中高年になってからは食べる量食べ物を選ぶだけでなく、その食べ方食べる時間帯タイミングも大きく関わっているようです。

冒頭にも触れた何事もバランスが大事!ということに尽きるのかと。

当たり前と言えば当たり前のことですけどね。

ちなみに、「食べ順ダイエット」なんて言うのも一時期流行りましたが、やはり血糖値の急激な上昇を抑えるということでは大事な要素のようです。

なおかつ、代謝を上げたり体温を上げることは「体が若くなる仕組み」そのものであり、イコール「肥満を防ぐ仕組み」とも言えそうです。

つまり、代謝を上げて体を若返らせるためには

その日のうちに食べたものは、その日のうちに使い切る

ということを意識する食べ方も大事かと。

体を若返らせる食べ方としては

①空腹でない限り食べない

②腹八分目を守る

③食べる順番を守る

ことにより、余計な負担を体にかけないこと。

それが結局は若返りや、強いて言えばダイエット効果をもたらしたり、太らない体づくりには欠かせない要素ということでしょうか。

食べ順については、改めて紹介したいと思っています。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です