総コレステロールよりもAGE化(糖化)LDLと酸化LDLを抑えて老化防止!

AGE化(酸)LDL,コレステロール,電子レンジ
Pocket

【AGE(終末糖化産物)の多い食品を減らして見た目も体内も老化防止!】のパート2です。

コレステロール値が高いと動脈硬化が進行すると言われます。

動脈硬化が進行すれば、心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気の罹患率も増えるのは誰もが知るところ。

コレステロールの中でも問題なのが悪玉コレステロールです。

LDL(悪玉)コレステロールの値が高いと、動脈硬化のリスクが高まることはある程度、誰もが知っている常識です。

私たちが健康診断や病院での検査を受けて知っているのは、俗に言う

善玉といわれる「HDLコレステロール」

悪玉と言われる「LDLコレステロール」

この2種類があることくらいではないでしょうか。

しかし、両者のバランスも大事ですが、「LDLがいけない」と単純には言えないことが最近の研究でわかってきているというのです。

LDLの中でも、真の悪玉が、

AGE化(糖化)LDL」と

酸化LDL」と呼ばれるものだというのです。

そんな悪玉中の悪玉?とも言える、劣化したコレステロールについて詳しく調べてみました。

Sponsored Link

AGE化(糖化)LDLと酸化LDLとは?

血液検査をすると問題視されるコレステロールですが、単に善玉、悪玉と一くくりにしてはいけないというのは先に触れたとおりです。

では、LDL(悪玉)コレステロールの中でも問題視される「AGE化(糖化)LDL」や「酸化LDL」って一体何もの?ということですよね。

その名前の通り、糖化LDLと酸化LDLとは、LDL(悪玉)コレステロールが「糖化」や「酸化」した状態のこと

つまり、私たちの体を老化させる「糖化」や「酸化」という現象が、コレステロールにも起きているというのです。

こうした変性したLDLコレステロールが血管壁に溜まることが、動脈硬化をまねく元凶になります。

また、体中の細胞に慢性的な「体内炎症」と呼ばれる現象を起こし、がんをはじめとした重大な病気を呼ぶことになるとのこと。

だから、卵などコレステロールの多い食品に気をつけるよりも、糖化、酸化という老化作用にストップをかけることがキーワードだいうのです。

そのためには、

糖質を制限する

古い油をとらないこと

など、食生活で気をつけるべき点がいろいろあると言います。

よく耳にする、卵は高コレステロール食品なので、摂り過ぎは良くないという話。

しかし、卵にはLDL(悪玉)コレステロールを減らす効果もあると言います。

つまり、山盛りのごはんを食べておきながら「私は卵を食べないようにしているから、コレステロールは心配いらない」というのが大きな間違いとも言えるのです。

それよりも大事なのは、

糖質制限を行って体重を減らしていくこと

酸化したコレステロールを体内に取り込まない

という食生活に気を付ければ、コレステロールについてもいい状態になっていくと期待できます。

Sponsored Link

食べ物を温めなおすとコレステロールが酸化する?

では、体内の「糖化」や「酸化」を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。

老化のスピードは糖化や酸化でも早まります。

糖化」とは、ホットケーキやせんべいに例えらえる、いわゆる茶色くなった焦げ付いた部分です。

炭水化物の摂り過ぎなどでも起こりますが、糖化とは、私たちの体内でもこの「焦げつき」が起きている現象のことです。

体が焦げる「糖化」については、以前、当ブログでも紹介しましたので、参照してみてください。

AGE(終末糖化産物)の多い食品を減らして見た目も体内も老化防止!

酸化」については、単純に、前日に作った天ぷらや揚げ物を食べるなど、古い油を摂らないということもあります。

しかし、それ以上に気を付けなければいけにものに、「食べ物を温めなおす」ことがあります。

今や一家に一台は必ずあると言える電子レンジ。

冷めた料理を温めるためには当たり前のように使っています。

しかし、実はその温め直し」が危険だということなのです。

酸化コレステロールという、劣化したコレステロールが体内に取り込まれると、酸化ストレス(活性酸素など)が増え、LDL(悪玉)コレステロールが酸化されやすくなってしまいます

酸化されたLDL(悪玉)コレステロールは、動脈硬化の直接的な原因となる「酸化LDLコレステロール」に変わりますから、できるだけ酸化コレステロールを取らないよう気を付ける必要があるのは言うまでもありません。

鉄が錆びるのもそうですが、切ったリンゴを放置しておくと茶色くなります。

その現象を「酸化」といいますが、食べ物は古くなるほど空気に触れて「酸化」が起きやすくなります。

意外ですが、バターやチーズの黄色が増して変色した部分や、マヨネーズのキャップの周りの半透明な部分は、酸化コレステロールの塊だというのです。

他にも、空気や紫外線などにさらされたスルメやビーフジャーキー、しょうゆ漬けにして長期保存したスジコやイクラ、レトルトや加工された肉製品、卵黄パウダーを使用したカップラーメン、冷凍コロッケの衣などにも、酸化コレステロールが多く含まれています。

ええっ、じゃあ、いったい何を食べればいいの?

と思うほどに酸化コレステロールを多く含む食品が私たちの身の回りには溢れているということですよね。

しかし、心配には及びません。

動物性食品を高温で調理した場合にも、コレステロールが酸化されるリスクが上昇します。

その一方で、生ものには酸化コレステロールがほとんど含まれていません。

魚であれば刺身で食べる。

肉であれば、ステーキなんかよりも、しゃぶしゃぶで食べるの良いということです

献立を考える際は、なるべく高温で調理したものが多くなりすぎないよう、バランスを整えるようにすることで、リスクを減らすことができます。

もう一つ、普段使いしている便利な電子レンジですが、食品を電子レンジで再加熱することです。

どこの家庭でも当たり前のよう使っていますが、電子レンジで食べ物を何度も温め直したり、10分以上加熱したりすると、もともと食べ物に含まれているコレステロールが酸化コレステロールに変化してしまいます。

また、天ぷらやフライなどを二度揚げするのもよくないので、なるべく控えたい行為です。

冷蔵庫での保管や電子レンジでの温めなおしは便意な機能ですが、モノは使いよう、ということでしょうか。

Sponsored Link

卵のコレステロールは気にしなくても良い!?

牛乳と並んで、卵も高コレステロール食品として知られています。

一昔前までは、「卵は一日に一個まで」などとも言われていました。

ですから、コレステロール値が高い人に卵は禁忌の食べ物とされてきました。

しかし、長年の研究で、コレステロールは9割が肝臓でつくられ、食べ物からとるのは1割にすぎないことがわかっています。

卵には、レシチンや不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

血管壁に付着したLDLコレステロールを取り除く作用があると言われています。

レシチンは、大豆に多く含まれている(大豆レシチン)ことでも知られていますが、卵は栄養的に優れた食品です。

健常者なら1日1個、コレステロール値が高い人でも2日に1個くらいは食べたほうが良いとも言われます。

とは言え、コレステロールの値が高い人の中には、体質的にコレステロールが上がりやすい「反応型」と言われる人がいます。

そんな人は、やはり卵は控えめにした方がよさそうです。

いずれにしても、コレステロール値が高い人は、食べ物について心配するよりも、血管系疾患の検査をきちんと受けることが大事です。

まとめ

世の中の常識だと思っていたことが、最新の研究でどんどんと塗り替えられていってます。

「卵は一日一個」なんていう話もそうですし、「電子レンジは万能」、みたいな思い込みも怖いですね。

体の老化を進めないためにも、卵などコレステロールの多い食品に気をつけるよりも、食生活全般において糖化や酸化に配慮ことがいかに重要かということですかね。

◎糖質を制限して体内の「糖化」を防ぐとともに、体重を減らす!

古い油を摂ったり、電子レンジの「温め直しは」最小限にしたり、ジャンクフードやカップラーメンを控えて酸化したコレステロールを体内に取り込まない!

私自身、今までコレステロール値が高くなって当たり前の食生活をしていたことに反省。

弁当作りが面倒な時や、忙しい時にはコンビニでカップラーメン+おにぎりで済ませていましたし、「唐揚げ弁当」なんかもコンビニで温め直してもらうのが常識中の常識?でした。

やはり、コンビニで食事を済ませるというような時は、買うものをよく吟味する必要がありますね。

そして、天ぷらや揚げ物は二度揚げしないで、その日のうちに食べるのが鉄則でしょうか。

まあ、自分は独り暮らしなので天ぷらや揚げ物をすることはないですけど、スーパーで唐揚げやコロッケを買った時には電子レンジを使わず、せめてその日に消費するようにしたいと思います。

次回は、アンチエージングにも効くAGEを溜めない習慣なんかについて調べられたらいいかな、と思っています。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です