レムナントが危険!LDLコレステロールを下げる食事法と計算式とは

レムナント,計算式
Pocket

ガッテン!で2017年11月15日に放送された『コレステロールの新常識SP』を観てちょっとショックというか、ブラックな気分に。

最近はゆるやかな糖質制限ダイエット「ロカボ」に取組んでいる当ブログの管理人ですが、改めてダイエットだけでなく、コレステロール値、特にLDLコレステロールを下げることも意識してバランスよく食事することが必要だと痛感。

ガッテン!で初めて聞いた「レムナント」という言葉もキーワードの一つになりそうです。

レムナント(remnant)とは、「残り物」という意味だそうですが、残り物でも決していいものではなく、超悪玉とも言われるものらしいのです。

そんな悪玉コレステロール値に含まれるというレムナントですが、その計算方法や、値を下げるための食事法などについて詳しくし食べてみました。

Sponsored Link

総悪玉コレステロールとレムナントって何?

健康診断を受けると、まず確認するのが血液検査の数値ですよね。

中でも、気になるのが血糖値コレステロール

コレステロール値が高いと動脈硬化で血管をボロボロにしてしまう可能性が大です。

しかし、私も初耳でしたが、「第3のコレステロール」の存在があるというのです。

その第3コレステロールは、動脈を痛める力がトップクラスだとか。

それなのに知らなかったの?と思いますよね。

この第3のコレステロールですが、総コレステロールなど普段の健康診断での検査数値があれば、ある「計算式」によって簡単に導き出せるというのです。

思わず、前回の健康診断の検査結果を引っ張り出してきて見なおしました。

よく、「善玉コレステロール」とか「悪玉コレステロール」と耳にしますが、確かに健康診断の検査結果にはHDL(善玉)とLDL(悪玉)コレステロールが記載されています。

その2つを足した値が総コレステロールだと今までは当たり前のように思っていました。

ちなみに、私の血液検査の値です。

総コレステロール   /277
HDLコレステロール /70
LDLコレステロール /183

御覧の通り、とても自慢できる内容ではありません。

しかし、番組で言う通り、二つの値を足すと、私の場合は「24」の差異があり、足りません。

それが100%ではないにしろ、ほぼレムナントの値だとのこと。

しかも、LDLとレムナントを足した総悪玉コレステロールの値が「170」を超えると危険域だとのこと。

これは、何とかしなくてはいけません。

レムナントが増える仕組みとは

総コレステロール値と、HDL、LDLを足した値には差異があることは判りました。

では、なぜレムナントの値が高いといけないのか。

HDLコレステロールとLDLコレステロールの役割ですが、HDLが善玉と言われるのは、血管内壁にへばりついて動脈硬化を引き起こすコレステロールを引き抜いて、肝臓まで運ぶ働きをしています。

一方、LDLコレステロールが悪玉と呼ばれるのは、細胞内に取り込まれなかった余剰なコレステロールを血管内に放置し、動脈硬化を引き起こす原因となります。

血液に残ったコレステロールですが、マクロファージと呼ばれる白血球の一種が食べてくれますが、マクロファージがコレステロールを食べ過ぎると、死んでしまうというのです。

そのマクロファージの死骸が血管の壁を押し上げ、血液の流れが悪くなってしまいます。

こうして動脈硬化やプラークというコブの状態になり、血管が詰まる原因になります。

このプラークが原因で血管が狭くなるのは間違いないようですが、問題はプラークの大きさではなく、何らかの原因でこのプラークが傷つくことだと言います。

プラークが傷つくと、それをふさぐために「かさぶた」ができます。

その「かさぶた」がはがれて毛細血管をふさいでしまうことが危険であり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすとのこと。

実は、がんと同じくらいの確率で、4人に1人がその危険にさらされていると言うのです。

レムナントを作る原因と減らす食事法とは

レムナントと悪玉コレステロールを足した値である総悪玉コレステロール、つまり、血管に悪さをするコレステロールのことは正式には「non-HDLコレステロール」と呼ばれます。

文字通り、善玉コレステロールではないということです。

総悪玉コレステロールの基準値ですが、

〇150~169以上 → やや危険
〇170以上 → 危険

とのこと。

私の場合は「200超え」ですから、間違いなく危険域に入っています。

では、この危険域から脱出するのはどうすれば良いのでしょうか。

まず、non-HDL(総悪玉)コレステロールの値が高い人の傾向ですが

①肥満気味の人
②中性脂肪が高い人
③糖尿病の人

とのこと。

私は①と②が該当します。

その対策ですが、やはり食事の内容が大きく関わってきます。

もちろん、食べ過ぎがいけないのは言うまでもありません。

そして、対策としては大豆類や野菜をたくさん摂ること

また、ぜひ取り入れたいのが

食物繊維がコレステロールの吸収を抑えてくれるのは誰もが知っていることですし、同じくらいに青魚に含まれているEPAが血液をサラサラにしてくれるのは、わかってはいます。

サバなどの青魚が良いことは頭では解っていても、ついつい肉食傾向になりがち。

私も生臭いものを避け、もっぱら肉食系です。

では、そんな魚嫌いの人はどうすれば良いのでしょうか。

Sponsored Link

レムナントを減らす最強の食材があるってホント?

レムナントは、中性脂肪の値にも大きく関わっているようです。

血液を分離させてできる白い部分。

俗に言う「白い血液」とも言われる部分が濁っているとレムナントの値も高いとのこと。

メタボの人は要注意とのことですが、中性脂肪の値が150ml/dl以上の人は要注意だそうです。

自他ともに認めるメタボであり、魚嫌いな私ですが、更に調べてみました。

そこで見つけたのが、とある健康番組でやっていた「血管力をアップさせる最強のお刺身」というくだり。

血管をしなやかに、しかも強くし、動脈硬化を防ぐという夢のような最強の食材が「マグロの刺身」だというのです。

それも、天然モノではなく、養殖モノが良いとのこと。

最近の研究で、養殖マグロにはサバやアジよりも多くのEPAが含まれているというのです。

その理由は、エサに秘密があるようで、脂がたっぷりと乗るように育てられるので、自然とEPAも多くなるとのこと。

EPAが血液をサラサラにしてくれるのは知っていましたが、傷ついた血管の炎症を抑え、プラークを傷つきにくくするらしいのです。

どちらかというと、刺身は赤身、特に青魚よりも白身を好んで食べていましたし、マグロと聞いて「高いしな~」と、最初はちょっと引きましたが、養殖モノだったら行けるかな、と。

養殖マグロの赤身を1日に6切れ食べる

それだけを10日間試して効果が上がるという結果が番組では出ていました。

そして、肝心のレムナントを減らす食事法ですが、意外と簡単なようです。

それは、ご飯の量を半分にすること

加えて減らしたご飯と同量の「大豆」を食事の初めに摂ること

いわゆる「大豆ファースト」です。

大豆は食物繊維が豊富なので、腸内の余計な糖や脂肪も排出してくれる効果があるとのこと。

しかも、消化に時間がかかるので糖と脂肪の吸収も緩やかにしてくれるとのこと。

つまり、急激な糖と脂肪の吸収をブロックしてくれる「スグレモノ」とのことなのです。

大豆は一般のスーパーなどで売られている「蒸し大豆」で良いとのこと。

最寄りのスーパーには無いという場合は、納豆豆乳枝豆でもOKとのこと。

あと2週間で今年2回目の健康診断がある管理人ですが、悪あがきでもその間、「大豆ファースト」を実践したいと思います。

我ながら、単純ですよね。

あとがき

大豆ファースト」のやり方ですが、おさらいすると

①糖質を減らすためにご飯の量を半分にする

②半分にした分の大豆を最初に食べる

③上記の食事方法を1日1回行う

これだったら無理なく、飽きずにできそうです。

ロカボダイエットを現在も進行中の管理人ですが、納豆は1日1パックは食べるようにしていましたし、夕食はご飯の代わりに豆腐を食べていました。

ダイエットに加え、これらを参考にもう一工夫してみようと思っています。

思い起こせば、子供の頃、祖母がよく作ってくれた「イワシのナマス」がありました。

我が家では肉を食べる習慣があまりなく、たまに食べてもカレーライスに入っている豚肉か、数カ月に一度食べる豚の生姜焼きくらい。

我が家ではステーキと言えば、その豚の生姜焼きのことでした。

当時は牛肉じゃなかったんですよね。

で、そのイワシのなナマスなんですが、要はイワシと大根おろしの酢味噌和えです。

とにかく、臭みがあって嫌いだったんですよね。

それが魚嫌い、特に青魚が嫌いになった一因かと思います。

なので、母親や連れ合いが居なくなった今は滅多に刺身を買うこともありません。

昔の人は質素ながらも、理にかなった食事をしていたんだと思いますよね。

ちなみに、HDL(善玉)コレステロールを増やすことも大切なんですが、これはダイエットと同様であり、一番の近道は運動です。

30分程度の有酸素運動を週3回するのがおすすめだとか。

これも自分には縁がないので、とにかく、まずは食事の改善ですね。

HDLコレステロールの値を下げるよりも、まずはLDLコレステロール値を下げることが先決である管理人ですが、以前、LDLコレステロールの中でもAGE化(糖化)LDLと酸化LDLが老化を早める原因であるという記事を書きました。

老化防止よりも、まずは脳梗塞や心筋梗塞のリスクを減らさなければいけないですよね。

反省も含め、今更ながらダイエットの目標の視点をちょっと変えて再出発を決意した管理人でした。

悪玉コレステロールは下げたいけど青魚が苦手な人にはやっぱりサプリがおすすめ!

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です