コーヒーの健康効果とリスクとは?体にいい飲み方を紹介!

朝の寝ざめに一杯!

仕事や家事が一区切りついらちょっと一息で一杯。

食事のあとや一日の終わり、休日のくつろぎタイムに一杯。

そんなときに飲む一杯のコーヒーには、飲み方次第では色んな健康効果があると言われます。

私自身、朝食の準備をしながら、マグカップに2杯分のコーヒーをドリップして淹れるのが習慣になっています。

コーヒーには、カフェインポリフェノール抗酸化作用血液サラサラ内臓脂肪も減らせるとも耳にします。

しかし、逆にカフェインの摂り過ぎによるリスクも耳にします。

今回は、そんなコーヒーの健康効果とリスク、そして体にいい飲み方をまとめてみました。

Sponsored Link

えっ、ホント?コーヒーは健康に悪いって都市伝説?

主にカフェインによる体への悪影響が言われ、なんだかちょっと不健康な飲み物であるかのように言われることもあるコーヒー。

最近、人気カフェのスターバックスでは、妊婦さんでも心配なく飲める「デカフェ(カフェインレスコーヒー)」なんていうメニューも提供されています。

しかし、調べてみると、コーヒーなり、カフェインには健康リスクもある反面、思いがけないくらいの健康効果があるようです。

それも、1つや2つじゃないんです!

百害あって一利なし?コーヒーのリスク

コーヒーの利尿作用でトイレが近くなるから飲まない、という人もいるようですが、さながら不健康な飲み物であるかのように言われることもあるコーヒーの健康リスク。

・胃が荒れる
・口臭の原因になる
・貧血を引き起こす
・頭痛や吐き気の原因に
・利用作用で脱水症状の危険も
・眠れなくなる

などに始まって、発がん性があるなんて話もありますね。

これらの健康リスクが言われる代表的な理由は、含まれるカフェインの量にあります。

眠れなくなる」なんていうのは特に顕著で、その作用を逆に利用した眠気覚ましのドリンクや錠剤も販売されているくらいです。

カフェインには中毒性も確かにありますが、一般的な範囲で摂取していれば、そう心配することもないそうです。

とはいえ、長期間にわたって大量にカフェインが多く入ったエナジードリンクを飲み続けていた人が、カフェインが原因で天国へ召されたという話も一時期、ネットで騒がれたことがありました。

このようにリスクばかりがクローズアップされるコーヒーですが、健康効果についても様々な説を耳にします。

コーヒーの健康効果は30以上?!

巷で言われている「コーヒーの健康効果」をサクッとリストアップしてみると・・・。

・ダイエット効果
・アンチエイジング効果
・日焼け止め
・リラックス効果
・消化促進効果
・脳の活性化
・疲労回復
・鎮痛作用
・眠気の解消
・むくみの軽減
・記憶力アップ

このほかにも、

・B型肝炎の発症を抑える
・飲酒による肝臓の負担を抑える
・風邪が治る
・糖尿病の予防
・脳卒中リスクが軽減される

などなど、病気の予防に関連した、まことしやかなウワサも数多く聞かれます。

信憑性を問わずに調べた限りをすべてピックアップすれば、おそらく、軽く30個は超えるでしょう。

ここまででみてくると、聡明なあなたであれば気づきませんか?

そうです。

コーヒーの多飲によるリスクとして言われていることは、そのまま裏返しで「健康効果」としても言われているということを!

例えば、脳の活性化や記憶力アップ眠気の解消なんていうのは完全にカフェインによる覚醒作用を「上手に利用した」パターンです。

また、むくみの軽減にしても、コーヒーの利尿作用の高さから水分の代謝が上がることによる結果です。

これってつまり、飲み方次第ではメリットにも、デメリットにも作用する飲み物なのだ、ということになります。

要は、バカとハサミは使いよう、じゃないですが、コーヒーの飲み方と飲む量は加減次第?ということのようです。

実際に、最近発表された研究成果には以下のようなものがあります。

「コーヒーを1日3~4杯飲む人は、まったく飲まない人に比べて心臓や脳血管、呼吸器の病気で死亡リスクが4割程度低い」

なんていう国立がん研究センターや東京大学などの研究チームによる研究結果があります。

他にも、

「日本人でコーヒーを1日3杯以上飲む人は、脳腫瘍を発症するリスクが低い」

ということを、これも国立がん研究センターの研究チームが発表しています。

さらには、

「がんや動脈硬化、認知症などの予防や、内臓脂肪を減らす作用など、さまざまな健康効果が、日本をはじめ世界各国の多くの研究によって明らかにされています」

と、コーヒー博士としても知られる東京薬科大学名誉教授の岡希太郎さんが話していらっしゃいます。

コーヒーの体に良い飲み方として、下記のような効果があるとも言われています。

Sponsored Link

健康効果を得るコーヒーの体にいい飲み方は?

飲み方次第では、健康効果がいくつもあるコーヒー。

そのデメリットではなくメリットを得る飲み方を調べてみました。

コーヒーを飲む効果的なタイミングは?

カフェインは、摂取してから脳に届くまで20~30分ほどかかると言われています。

そしてその効果の持続時間は8~14時間。

つまりカフェインによる記憶力アップなど脳の活性化効果を狙うには、仕事や勉強を始める20~30分前に飲んでおくのが良いんですね。

更には、飲んでから効果が出始めるまでの間に仮眠をとっておくと、さらに効率アップが期待できるようです。

また、ポリフェノールの脂肪燃焼作用によるダイエット効果を期待するなら、コーヒーを飲んで30分後に運動スタート

そこから3時間以内が脂肪燃焼効果が得られる時間なんだとか。

ということは、ダイエットのために毎朝ウォーキングをしています、なんて人なら、そのタイミングに合わせてコーヒーを飲めば、更にダイエット効果が期待できるということですよね。

健康効果を得るには毎日コーヒーを何杯飲むと良いの?

コーヒーを飲むことによる健康効果がたくさんあることがわかりましたが、飲めば飲むほど健康になれるのか、というわけでもないようです。

上記にも紹介したように、コーヒーを飲むことによって病気の発症リスクが低くなったり、健康効果が得られるという研究成果は数多くあります。

それらを総合すると、

1日3~4杯程度飲むのであれば病気のリスクを下げることが期待できる

ということのようです。

しかし、一方では5杯以上になるとインスリンの働きが鈍くなって糖尿病のリスクが高くなる、といった報告もあります。

くれぐれも飲みすぎには注意が必要です。

そういう意味では、

1日コーヒーは3杯、と決めておくのも良いかもしれませんね。

午前中に3杯のコーヒーを飲むと良い、いうドクターもいらっしゃるようですが、それはそれで、仕事中などは現実的に難しいものです。

リラックス効果を得るという意味でも、

朝の目覚めに1杯。

2杯目はランチの後などに。

そして3杯目は夕食後に。

などと決めておくのが良いかもしれません。

Sponsored Link

あとがき

1日のなかのホッと一息つきたいときや、リラックスした休日のひととき。

コーヒーは、これから仕事!という朝のエンジンをかけるアイテムでもありますね。

そんなコーヒーには、飲み方次第で、実は言われているデメリットよりもメリットの方が多いんじゃないかな?というほどの健康効果がありました。

コーヒーの量について解析結果を示していた調査によれば、長生きの秘訣としてのコーヒーはインスタントでも良いし、カフェインレスでもOKなのだとか。

私の場合は、朝からマグカップに2杯飲みますし、昼食後には必ず1杯、そして休日なんかはおやつ時やカフェでも飲みます。

そういう意味では、「私の場合は「ちょっと飲みすぎ!」かもしれません。

コーヒーのデメリットとしてよく聞く「眠れなくなる」なんて問題もありますから、夕食後にはカフェインレスのものにするなど、工夫しながら愉しみたいたいものです。

そう言えば、先日、コストコでUCCの一杯ずつドリップできるタイプのお・い・し・いカフェインレスコーヒー(7g×50杯分)という、お得サイズの商品を見つけて買ってきました。

ひと箱に50杯分入って千円ほどだったでしょうか。(正月の特売だったからか、安かったようです。)

夜勤の日には小一時間の昼寝の前や、普段でも夕食後など、睡眠の妨げにならないので重宝していますよ。

味はまあまあ、悪くないんですが、一つだけ難点を上げるとすれば「ちょっとお湯の通りが悪い」という感じが。

なので、電気ポットなんかだと「ドリップモード」のついたタイプなら良いですが、我が家の安いポットだと、勢いよくお湯を注いでカップに粉が!なんてことにも。

ちなみに、ペットボトルに入っているアイスでも飲めるタイプのものや、ビンに入ったインスタントコーヒーのタイプのものもありますよ。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です