60代女性に喜んでもらえる退職祝いのプレゼントランキングは?

キャリアウーマンと言わないまでも、女性もバリバリ正社員で活躍する時代。

昔は定年退職というと男性のイメージしかありませんでしたが、今は定年退職を迎えるまで現役という女性も増えてきました。

そういう意味では、60代で退職する女性の先輩社員に贈る退職祝いには悩むかもしれません。

女性の退職祝いにはどんなプレゼントが喜んでもらえるんでしょうか。

ちょっと調べてみましたよ。

Sponsored Link

女性の退職祝い平均予算はどのくらい?

職場で一緒に働いてきた先輩や上司といった場合、退職祝いの相場はちょっと幅が広いですが

 3,000円~10,000円

と言われています。

職場の先輩や上司となると、親しければ個人的にプレゼントを贈ることもありますが、部署単位などで「みんなから」ということの方が多いですよね。

この相場の額の開きは、個人の場合と部署単位という違いが理由になっているようです。

個人的に贈る場合や、3~4人程度の少人数でまとめて贈る場合には、5,000円前後。

人数が多かったり、上司となると10,000円くらいになるようです。

どうしてもお祝いなどで頂きものをすると、お返しを考えなければいけなくなります。

その時に、相手の負担にならない金額として、このくらいの金額が妥当な線だとも言われています。

また職場でなく、個人的にお付き合いのある方への退職祝いの場合では2,000円~3,000円程度のものなどが多くなる傾向にあります。

どんなものを考えたら良い?

Sponsored Link

まずは60代の女性にプレゼントを贈るシチュエーションから考えてみると、たとえば母の日ギフトなんかがありますよね。

その場合には、生花食事券スカーフストールなどのちょっとした服飾小物を贈ることも。

ネットに掲載されているギフトランキングなどでは、このほかにフォトフレーム名入れギフトカタログギフトなども上位に挙がってきます。

そういえば、男性の同じ60代の方への退職祝い・定年祝いではどんなものが多いでしょうか。

よく聞くところでは、ご本人の趣味に関連したもの

また、特に定年退職の場合には、これまでの疲れをゆっくり癒やして欲しいということで入浴剤などを贈ったり、お酒好きの方へ銘酒をお贈りしたりということもあります。

お疲れさまでした、お世話になりました。」という気持ちや、「これからの時間を楽しんで下さい。」という気持ちを贈るという点では、女性でも同じように考えられますね。

Sponsored Link

60代女性に喜ばれるギフトをランキング!

さまざまなサイトで特集が組まれているランキング結果から、特に多いものをピックアップしてみると、いかにも女性らしいイメージのものが並びました。

1位 生花・花束

世代を問わず、退職祝いの王道かもしれない?!という花束。

「女性はいくつになっても花をもらうと嬉しいもの」なんて言葉も聞いたことがあります。

生花の花束だけでなく、プリザーブドフラワーなども人気がありますし、プラスワン・アイテムをセットにしたものもあります。

【ナチュラル生花アレンジと焼き菓子のセット】

 

 

これは、お花屋さんと洋菓子店がコラボした商品は、両手のひらに載せて少しあまる程度のアレンジメントに選べるお菓子が付属。

職場でプレゼントして、帰宅後にお花を眺めながらほっこりお茶を楽しんでもらえますね。

2位 アロマなどケア・リラクゼーショングッズ

女性ならではという感じもしますが、ハーブやフルーツの香りを使ったクリームや、手軽にアロマセラピーが楽しめるものなども人気です。

【名入れ YANKEE CANDLE】

 

 

キャンドルやキャンドルホルダーなどでは、名入れサービスが用意されているものも。

お名前と日付、メッセージなどが入っていると、記念にもなりますね

そのほかにも、ふんわり優しい香りのハンドクリームなども喜ばれています。

3位 体験型ギフト

レジャー施設のチケットや有名レストランのコース料理、温泉と食事のセットなどの体験型カタログギフトなども最近は人気が高くなっています。

体験型カタログギフトとなると、部署のみんなからなど大人数でないと予算的に厳しいかも・・・というところですが、中には5,000円未満で送れるカフェチケットなどもあります。

【Sow Experience(ソウ・エクスペリエンス) 体験型カタログギフト

 

 

あとがき

ネットで掲載されているランキングを見ていても、男性の退職祝いとは少し雰囲気が違う女性向けの退職祝い。

ストールなどの服飾雑貨、新しい生活へ向けての食器類などを贈ったという話も多くありました。

私が過去に女性上司の退職祝いに贈ったのは、茶色で革製の小ぶりなリュックサック

旅行が好きな方でしたし、ブランド志向ではありませんでしたが、身につけるものには気を配っている方でした。

よく、食事なども夫婦でごちそうになったりもしましたので、妻と一緒にチョイスしました。

価格は1万円程。

少し財布には痛かったですが、それくらいに、田舎者が東京に出てきてお世話になりましたからね。

まあ、妥当な金額かと。

Sponsored Link

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です