キネシオロジーは身体に潜む深い叡智と潜在能力を発揮させる!

キネシオロジーは身体に潜む深い叡智と潜在能力を発揮させる

タイトルだけをみると、???。

いったい何のこと?という人も多いかと思います。

でも、「筋反射テスト」とか、「O-リングテスト」と言われれば、何度か耳にされた人も多いのでは。

筋反射テストを応用した「キネシオロジー」は、1960年代に、アメリカのジョージ・グッドハート博士が開発しました。

それを、カイロプラクターのジョン・シー博士が、もっと一般の人にも普及し、使って欲しいという願いを元に創始した「タッチーフォー・ヘルス」という家庭でも使えるシンプルな健康法へ発展させたことにより、世界に広まったと言われています。

キネシオロジーという言葉は、現在、日本語では一般的には「筋肉反射テスト」と呼ばれていますが、ウィキペディアによれば、これは伊東聖鎬(いとうせいこう)氏が使った「筋肉反射検査法」に由来していると言われています。

そもそも、キネシオロジーって何?ということを一言で表現するのは難しいかと思いますが、

筋肉を通じて、私たちの潜在意識の声を読み取るテクニック

と言えば良いでしょうか。

Sponsored Link

キネシオロジーとは

人間は、ストレスを感じている時には筋力が弱って身体に力が入りません。

この筋力の強弱の変化は、ほんの少し、嫌な事を思い浮かべたり、自分の身体に合わない食品を手にしたりするときにも、起きています。

この作用を応用したのがキネシオロジーです。

潜在意識とつながっているというと難しくて理解できませんが、理論的には、神経学、生理学、解剖学に基づいて筋肉の反射を測り、脳と神経のつながり具合から心や身体のエネルギー状態をチェックする方法と言えます。

キネシオロジーの一つである「O-リングテスト」を知っている人も多いかと思います。

これは、

親指と人差し指か中指の先をつけて丸(Oリング)を作り、他の人に指をはずすよう引っ張ってもらいます。

その時、反対の手で何かを持ち、その状態で引っ張ってもらうのですが、自分にOKのモノを持っている時は力がしっかりと入ってはずせないのに、自分にとってNGのモノの時は同じように力を入れているつもりなのに、なぜか力が入らず、はずれてしまいます。

O-リングテストの他にキネシオロジーとして一般的に使われているのは、片手を肩の高さに上げた状態で力を入れ、他の人に手首のあたりを押し下げてもらいます。

このとき、自身が発した質問に対して答えが「イエス」であれば、腕手は下がりません。

しかし、自分に合わないものや、答えが「ノー」だった場合には、自身の意思には関係なく、力が抜けたように、いとも簡単に手が下がってしまいます。

自分では手の力の入れ具合は変わらないはずなのに、明らかに結果が違って出ます。

一見、不思議な現象ですが、自分の身体そのものが潜在意識を通して最適な情報をくれているのだとしたら、納得がいきますよね。

これらの方法を使えば、病気の有無や、自分に合ったサプリメントや食品を見つけたりすることもできます。

身体の潜在的な声が聴けるという点から、キネシオロジーはさまざまな形で応用も可能です。

いきなりだと理解できないかもしれませんが、面白いのは、

「私は男です。」と質問した場合、

男の人だったら腕は下がりませんが、女の人だったら下がってしまいます。

また、「私はダメな人間です。」など、自分を否定するような言葉を唱えると、筋反射が弱まり、腕は下がってしまいます。

言霊の力、おそるべしです。

Sponsored Link

あとがき

私が修得した「フーチー遠隔療法」でも、フーチー(ペンデュラム)も使いますが、このキネシオロジー(筋反射テスト)もよく使います。

詳しくは、機会を改めてご紹介したいと思いますが、フーチーは西洋では「ダウジング」とも言われます。

ペンデュラムとか、ロッドと言われる棒や、振り子などを使って潜在意識の声を読み取るテクニックです。

『フーチー遠隔療法』では、ソマチッドを介して最適な情報を私たちに提供してくれている

ものだと捉えています。

世の中には、私たちの目に見えなくても、現代の科学や理論では説明できない不思議な現象がたくさんあります。

私たちの叡智をはるかに超えた大いなる存在がいるというか、あるというか、ある意味、神の意思があるとしか思えないような不思議なことがたくさんあります。

そういう意味では、テレビなんかをみていると以前、『怪奇特集!!あなたの知らない世界』なんていう特集番組を夏休みにやっていましたが、あの世とか、心霊現象なんかもそうかもしれません。

姉妹ブログでは、「なぜ、フーチー(ペンジュラム)は動くのか」ということについて紹介しています。

フーチー(ペンデュラム)は何故動くのか?その原理とは

興味のある方はどうぞ!

Sponsored Link

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です