重いテーマだけど泣いてスッキリできる映画「愛唄」

映画『愛唄-約束のナクヒト-』を観てきました。

あなたは最近、夢中になっていることや、涙を流したことはありますか。

昨年末に公開された『ボヘミアン・ラプソディー』を観て以来の映画でしたが、正直、「私の手、握ってくれてありがとう」には泣けました。

位置づけは青春物語とまっていますが、世代を超えて楽しめる映画だと思います。

「キセキ -あの日のソビト-」(2017年)に続くGReeeeN映画プロジェクト第2弾ということですが、GReeeeNのヒット曲「愛唄」をモチーフに描かれたGReeeeNと清水匡さんの初脚本作品。

恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオル(横浜流星)と元バンドマンの旧友・龍也(飯島寛騎)、そしてトオルの運命の少女・凪(清原果耶)の物語です。

<あらすじ>

その唄は、僕らの運命から溢れ出たーー
「私の手、握ってくれてありがとう」まっすぐに“今”を駆け抜ける、恋の青春物語。

恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルに起きた、二つの出会い。

元バンドマンの旧友・龍也との再会、そして運命を変える詩との偶然の出会いにより、恋というものに生涯をかけて全力で駆けることになる。

今まで手をつなぐことさえしてこなかったが、龍也の声に恋する勇気をもらい、その詩から、恋に生きる力をもらったトオル。

詩と触れるキッカケをくれた比呂乃との出会いを経て、ようやくめぐり会えた運命の少女・凪。

詩を綴ることをやめたその少女は、トオルに生きる意味を教えてくれた。

しかし、彼女にはある秘密があった・・・

龍也の声が生んだ恋する勇気。

凪の言葉が教えてくれた生きる意味。

そしてトオルが二人に気付かせた、“本当にやりたいこと”。

限られた時間の中で、三人の”本当”が重なった時、一つの唄が生まれる。

親子でも泣けて楽しめる?映画「愛唄」

正直、テレビもあまり観ない私は、若い俳優さんたちは知りませんでした。

しかし、財前直見さんや富田靖子さん、中山美穂さんらの顔ぶれを観ていると、似たような世代でもあり、自分自身の若い頃を思い出したりしながら、感慨深いものがありましたね。

中山美穂さんのコンサートにも行きましたからね。

もし、自分が余命いくばくもないとしたら、あんな風に死と向き合えるのか。

私の手、握ってくれてありがとう」なんてキザだけど、言えたら良いな、とか色々と考えながら観ていました。

もう一つ、泣けるし、気になるフレーズがありました。

毎日に夢中だから「息してることさえ忘れてるんだ」。

駅や街頭に貼られたポスターのキャッチコピーです。

物語に出てくる詩集』の中のフレーズでもあります。

Sponsored Link

「愛唄」の肝でもある数式の意味とは?

まあ、数学は得意ではないし、そんな公式が成り立つのかどうかもわかりませんが、横浜演じる主人公のトオルが、龍也と一緒に凪が投げかけた公式を解明しようとするシーンがあります。

龍也に、ある公式が書いてある紙を見せたトオル。

それは、以前に凪と潜り込んだ高校の教室で、凪が黒板に書いた公式でした。

教室で黒板に数式を書き込む凪(清原果耶)。(C)2018「愛唄」製作委員会より

数学パズルが好きな凪が考えたという公式は、K(kimochi)についてものだ。Kは気持ちを表し、iは“私”、yはyouで“あなた”を表す。ただし、iとyは同じにはならない(i≠y)という条件。トオルはその公式の意味がわからず、ずっと解けずにいた。

「可能性」、「?人が近づく努?」、「トオル君と出会ってからひらめいたこと」の3つがヒント、と凪は?った。それを聞いた龍也は「さっぱりわからない」と?いつつ、「iとyも?人の気持ちじゃない?お互い近づくと気持ちも近づく…。なんちゃって」と勘を働かせる。

それを受け、トオルも「iとyが近ければ近いほどKの値は?きくなる。?人が努?すれば近くなる。可能性も?きくなる!」と声を弾ませる。

水平線に上る朝日を見せたいというおいシーンも泣けましたが、このストーリーのくだりにも年甲斐もなく泣けましたね。

Sponsored Link

まとめ

正直、まだどちらの映画も観ていないいないという人がいたら、莫大な製作費がかかっている『ボヘミアン・ラプソディー』よりも、私は『愛唄-約束のナクヒト-』を観ることをお勧めします。

キャストは豪華な顔ぶれでしたが、あれだけロケにお金がかかっていなさそうなのに、あれだけ涙が流せるというのはすごいことかと。

日本の映画も捨てたもんじゃないですよね。

スピリチュアル的に言えば、「浄化の涙」が流せる人は、綺麗なオーラの持ち主だとも言われます。

題材としては重い内容ですが、スッキリしますよ。

なかなか上手くは歌えないですけど、カラオケでGReeeeNの「愛唄」と「キセキ」には再挑戦してみようかと思うミドルエイジなのでした。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です