命の回数券「テロメア」は伸ばせるのか?

先日、知人がちょっと古い動画を紹介してくれました。

NHKの「クローズアップ現代+」のもの。

タイトルは、2017年5月16日(火)に放送された『生命の不思議“テロメア” 健康寿命はのばせる!』でした。

テロメアのことは何年も前から知ってはいましたが、実生活で何か言あkしているかと言われれば?です。

そこで、改めて勉強することにしました。

Sponsored Link

テロメアとはいったい何なのか?

この番組の主役はソーク研究所のノーベル賞受賞者でもあるエリザベス・ブラックバーン博士です。

「健康長寿を手に入れるための重要な要素。
 それはテロメアです。
 病気にかからず、生産的に人生を楽しめる年数に、テロメアという部分が関わっているのです。」

とのこと。

下記の動画はテロメアや博士のことを知る上では非常にわかりやすい動画かと思います。

 

クローズアップ現代+のサイトによれば、テロメアについて下記のような説明があります。

私たちの体を形づくる37兆個の細胞。

生きているかぎり分裂し、入れ代わり続けています。

例えば、皮膚の細胞。

活発に分裂を繰り返し、若い細胞を生み出し続け、1、2か月で新たな表皮に入れ代わっています。

この細胞分裂に深く関わっているのが、細胞の染色体の端にあるテロメアです。

正体は、塩基という化学物質。

細胞が分裂するたびに少しずつ数が減り、テロメアは短くなっていきます。

生まれた時は、およそ1万5,000ほどとされますが、35歳でおよそ半分に減少。

6,000を下回ると染色体が不安定になり、さらに2,000になると細胞がこれ以上分裂できなくなる「細胞老化」と呼ばれる状態に陥ります。

テロメアが減ると新たな細胞ができなくなるため、命の回数券とも呼ばれています。

まだ、ピンとはきませんよね。

Sponsored Link

テロメアが短い人は動脈硬化やガンになりやすい!?

テロメアの長さは「細胞の老化度」を見るひとつの尺度にはなるそうです。

数値では測れるそうですが、実際にはそれだけでは

「あと何年生きられます」などといった寿命を判断する材料にはならないとのこと。

しかし、テロメアが短いということは、それだけ細胞が老化しているとは言えることは間違いない。

実際に、

「テロメアが短い人は動脈硬化が進んでいることが多い。」

とか、

「テロメアが短い人はがんになりやすい。」

という研究報告もあるそう。

Sponsored Link

テロメアは延ばせるのか?

結論から言うと、テロメアは伸ばせるらしいのです。

テロメラーゼというテロメアを伸ばす酵素があり、これがあれば細胞が分裂してもテロメアは欠けないとのこと。

では、実生活でテロメラーゼを活性化できるのか?

カリフォルニア大学予防医学研究所のディーン・オーニッシュ所長は、35人の男性のうち10人にライフスタイルの改善を指導した。

低脂肪で野菜や果物の多い食事、週5回以上の有酸素運動、ストレス管理など、トータルで「健康的な生活」をしてもらった。

5年後に採血してテロメアの長さを測ると、何もしなかった人たちが3%短くなっていたのに対し、指導を受けたグループは逆に10%長くなっていたという

つまり、テロメアの長さだけを見れば“若返った”ということらしい。

他にも研究データがあり、同じ平均年齢51歳の集団で、若い頃から運動習慣のある人たちとない人たちの白血球を調べたデータがあるそう。

それによれば、運動している人たちのほうがテロメラーゼ活性が高く、テロメアも長かったとのこと。

あとがき

結局は、テロメアが長かろうが、短かろうが、運動や食事など、バランスのとれた生活を過ごすことが健康寿命を延ばすことに他ならなかと。

まずは、テロメアの長さを気にしているより、ストレスを無くし、食事と運動に気を付けるという事につきますかね。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です